セミナー

受付中
AI時代の通訳者:変化する役割と未来への対応
開催日 2024年7月31日 (水) セミナー: 16:00 ~ 18:00
懇親会:なし
会場 オンライン
概要 新型コロナウイルスによるパンデミックは通訳業界に大きな変革をもたらした。リモート通訳の普及とAI技術の進展により、通訳者の役割は急速に変化している。本セミナーでは、AI時代における通訳者の新しい役割と、今後の対応について探る。特に、「ポストコロナ」の環境に通訳者がどのように適応し、必要なスキルやノウハウをどのように習得すべきかを具体例と最新の動向を交えて解説する。さらに、急速に進化するAI技術に対して通訳者がどのように対応すべきか、実際の事例を通じて考察する。また、これからの時代に求められる通訳者の資質や、新たな挑戦に対する心構えについても議論する。未来の通訳者として成功するための具体的な戦略と実践的なアドバイスを提供することを目指す。

【セミナー参加者の事前アンケート 受付期限2024年7月24日(水)】
 ◆セミナー参加者の事前アンケート(外部サイト)◆
JTFセミナーの講演内容を充実したものにするために、事前にアンケートを実施します。回答は匿名で、個人が特定できる情報は収集しません。通訳を生業としている場合は10-15分程度、その他の方は5分程度で回答できる内容です。集計後の結果は本セミナーで紹介するほか、今後の研究の参考にさせていただきます。

【ご注意】
・一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。
・本セミナーはZoom(Web 会議サービス)を利用いたします。
・ウェビナーの参加方法については下記サイトをご確認ください。
ウェビナーの参加方法(PDFファイル)
・Zoomからの招待状メールは2024年7月29日(月)以降に送信されますので必ずご確認ください。
・Zoomからの招待状メールがセミナー前日までに届かない場合はJTF事務局にご連絡ください。
・推奨される環境以外で視聴された場合、委員会では一切の保証およびサポートを致しかねます。
・視聴者のパソコンやインターネットの環境によるトラブルは一切責任を負いかねます。
・著作権法に基づき、当日セミナーの動画や音声、共有資料のダウンロードなどは一切禁止いたします。
・セミナー後の動画は、セミナー終了後翌日以降に参加者のみ(欠席者含む)配信され、閲覧期間は2週間(2024年8月13日(火)まで)です。
・申込期限日の翌営業日15時までにお支払い手続きをお願いいたします。お支払いが確認できない場合はキャンセル扱いとさせていただく場合があります。ご了承ください。
講演ポイント ■ポストコロナの通訳業界の変化
■リモート通訳の普及と影響
■これからの通訳者に求められる資質とは
■自動(機械)通訳と人間通訳者が共存するには
■新たに必要となるスキルとノウハウ
受講対象者 ■通訳翻訳者
■通訳翻訳会社の関係者
■クライアント企業の関係者
■通訳翻訳養成機関の関係者
■業界団体の関係者
■通訳翻訳者を目指している社会人
■通訳翻訳者を目指している学生(高校生〜大学院生)
■研究者

【委員会からのお知らせ】学生料金のご案内
学生(学位取得を目的とした大学生・短期大学生・大学院生に限ります)の方は会員価格でご参加いただけます。
在学が客観的に証明できるものの画像を事務局までメールでお送りください。確認後クーポンコードを通知します。
(学生証の場合、学校名とお名前がわかれば結構です。気になる方は顔や学籍は紙でマスキングをする等してください)
確認には数日かかる場合があるので、申込期限まで余裕をもってお問い合わせください。
講演者 松下 佳世(まつした かよ)
立教大学異文化コミュニケーション学部・研究科教授、会議通訳者
プロフィール画像

会議通訳者としての通訳実践に基づく通訳研究と、通訳者養成が専門。近年では、テクノロジーが通訳と通訳者に与える影響についても研究している。2018-22年 日本通訳翻訳学会理事、2020-22年 同学会関東支部長。日本会議通訳者協会認定通訳者。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科博士後期課程修了(異文化コミュニケーション学博士)。 著書に『通訳になりたい!ゼロからめざせる10の道』(岩波書店)、編著に『同時通訳者が「訳せなかった」英語フレーズ』(イカロス出版)など。インターネット講座「基礎からはじめる通訳トレーニング - 通訳訓練法と実践演習 -」を通じて、プロを目指す学習者の指導も行なっている。

定員 200名(先着順)
申込期限 2024年 7月24日 (水) 18時まで
価格 JTF会員  2,750円(税込)
一般  5,500円(税込)