セミナー

受付中
多言語国家スイスはいかにして可能かー直接民主主義と中立から考える
開催日 2022年8月2日 (火) セミナー: 14:00 ~ 16:00
懇親会:なし
会場 オンライン
概要 国民国家という概念が成立して以来、言語は国民を統合するための手段として用いられ、単一言語を国家語とする国も少なくない。本公演の対象であるスイスはドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語(レート・ロマンシュ語)の四つの言語を国家語あるいは公用語にしている。
本公演では、まず、スイスがいかにして多言語国家となったのか、歴史的経緯を確認し、多言語性がもたらす問題や言語圏の対立について扱う。それを踏まえ、スイスの多言語性を可能にしている「直接民主主義」という政治制度と「中立」というイデオロギーについて検討する。
多言語性、直接民主主義、中立はいずれもスイスのナショナル・アイデンティティである。この三つの概念を通じて、「多様性の上に一つの政治体を構築」しているスイスという国に迫ってみたい。

<事前質問受付期限 2022年7月26日(火)>
◆事前質問受付中(外部サイト)◆

登壇者に質問したいことをお送りください。登壇者がセミナー中にお答えする予定です。

【注意事項】 
・質問は匿名です。
・全ての質問にお答えできるわけではありません。
・セミナーの趣旨に沿わない質問にはお答えできません。


【ご注意】
本セミナーはリアルタイム視聴のみとさせていただきます。終了後の録画配信はございません。
・一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。
・本セミナーはZoom(Web 会議サービス)を利用いたします。
・ウェビナーの参加方法については下記サイトをご確認ください。
ウェビナーの参加方法(PDFファイル)
・Zoomからの招待状メールは2022年7月29日(金)以降に送信されますので必ずご確認ください。
・Zoomからの招待状メールがセミナー前日までに届かない場合はJTF事務局にご連絡ください。
・推奨される環境以外で視聴された場合、委員会では一切の保証およびサポートを致しかねます。
・視聴者のパソコンやインターネットの環境によるトラブルは一切責任を負いかねます。
・著作権法に基づき、当日セミナーの動画や音声、共有資料のダウンロードなどは一切禁止いたします。
・申込期限日の翌営業日15時までにお支払い手続きをお願いいたします。お支払いが確認できない場合はキャンセル扱いとさせていただく場合があります。ご了承ください。
講演ポイント ■スイス建国の起源と多言語国家成立までの過程
■直接民主主義の制度とその問題点
■中立の起源と歴史的経緯および変遷
受講対象者 ■一般
■学生
■言語と国家について興味のある方
■多言語国家の言語問題に興味のある方
■言語を用いた言語統制の歴史に興味のある方
■国家の多言語性について興味のある翻訳者、通訳者
■スイスの国家成立について興味のある方
■スイスの直接民主制について興味のある方

【委員会からのお知らせ】学生料金のご案内
学生(学位取得を目的とした大学生・短期大学生・大学院生に限ります)の方は会員価格でご参加いただけます。
在学が客観的に証明できるものの画像を事務局までメールでお送りください。確認後クーポンコードを通知します。
(学生証の場合、学校名とお名前がわかれば結構です。気になる方は顔や学籍は紙でマスキングをする等してください)
確認には数日かかる場合があるので、申込期限まで余裕をもってお問い合わせください。
講演者 穐山 洋子
同志社大学グローバル地域文化学部准教授
プロフィール画像

東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了、博士(学術)。現在、同志社大学グローバル地域文化学部准教授。専門はスイス近現代史。主な業績として、(単著)Das Schächtverbot von 1893 und die Tierschutzvereine. Kulturelle Nationsbildung der Schweiz in der zweiten Hälfte des 19. Jahrhunderts, Berlin: Metropol Verlag, 2019、(共著)『中立国スイスとナチズム−第二次大戦と歴史認識』京都大学学術出版会、2010年などがある。

定員 500名(先着順)
申込期限 2022年 7月26日 (火) 18時まで
価格 JTF会員  2,750円(税込)
一般  5,500円(税込)