セミナー

受付中
翻訳(者)のでしゃばり方について
開催日 2022年2月17日 (木) セミナー: 14:00 ~ 16:00
懇親会:なし
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
概要 「ウンコな議論」の原著はきわめて薄い。高尚な題名と主題に加え、まさにその薄さのおかげで、原著はベストセラーになったとさえ言える。そのあまりの薄さのため、そのままでは訳書が本はおろかパンフレットにすらならないために、訳者解説である意味で「水増し」してページを増やし、なんとか本に仕立てたはいいものの、一方で「訳者がでしゃばって本文よりもたくさん書いている」という、いわれなき非難にも遭うこととなった。
実際には訳者解説は本文よりは100字ほど少ない。一応、分量面では本の中での主従はわきまえたつもりではある。だがこれ以外にも、この翻訳者は訳文、さらには訳書の選択においても、自己主張が強いという評価が高い。これまた、当人としてはいわれなき非難だと考えているものだが、なぜそのような評価が出るのか、「でしゃばらない」翻訳がありえるのか、自分なりの考えを通じ、翻訳(者)のあり方について考察してみたい。

<事前質問受付期限 2022年2月7日(月)>
◆事前質問受付中(外部サイト)◆

登壇者に質問したいことをお送りください。登壇者がセミナー中にお答えする予定です。
【注意事項】 
・質問は匿名です。
・全ての質問にお答えできるわけではありません。
・セミナーの趣旨に沿わない質問にはお答えできません。

【ご注意】
・一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。
・本セミナーはZoom(Web 会議サービス)を利用いたします。
・ウェビナーの参加方法については下記サイトをご確認ください。
ウェビナーの参加方法(PDFファイル)
・Zoomからの招待状メールは2022年2月15日(火)以降に送信されますので必ずご確認ください。
・Zoomからの招待状メールがセミナー前日までに届かない場合はJTF事務局にご連絡ください。
・推奨される環境以外で視聴された場合、委員会では一切の保証およびサポートを致しかねます。
・視聴者のパソコンやインターネットの環境によるトラブルは一切責任を負いかねます。
・著作権法に基づき、当日セミナーの動画や音声、共有資料のダウンロードなどは一切禁止いたします。
セミナー後の動画は、セミナー終了後翌日以降に参加者のみ(欠席者含む)配信され、閲覧期間は2週間(2022年3月2日(水)まで)です。
・申込期限日の翌営業日15時までにお支払い手続きをお願いいたします。お支払いが確認できない場合はキャンセル扱いとさせていただく場合があります。ご了承ください。
・登壇者、および、登壇内容は予告なく変更になる可能性がありますので予めご了承ください。
講演ポイント ■翻訳の文体
■訳者解説
■訳文の「中立性」
■訳文の主張
受講対象者 ■翻訳者
■クライアント企業
■学生

【委員会からのお知らせ】学生料金のご案内
学生(学位取得を目的とした大学生・短期大学生・大学院生に限ります)の方は会員価格でご参加いただけます。
在学が客観的に証明できるものの画像を事務局までメールでお送りください。確認後クーポンコードを通知します。
(学生証の場合、学校名とお名前がわかれば結構です。気になる方は顔や学籍は紙でマスキングをする等してください)
確認には数日かかる場合があるので、申込期限まで余裕をもってお問い合わせください。
講演者 山形 浩生
翻訳家
プロフィール画像

一九六四年東京生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびMIT不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務、途上国援助業務のかたわら、小説、経済、建築、ネット文化など広範な分野での翻訳および雑文書きに手を染める。著書に『たかがバロウズ本』(大村書店)、『新教養主義宣言』(河出文庫)など。主な訳書にクルーグマン『クルーグマン教授の経済入門』(ちくま学芸文庫)、バナジー&デュフロ『貧乏人の経済学』(みすず書房)、ケインズ『雇用、利子、お金の一般理論』(講談社現代文庫)、ピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)、ジェイコブズ『アメリカ大都市の死と生』、フランクファート『ウンコな議論』ほか多数。

定員 200名(先着順)
申込期限 2022年 2月9日 (水) 18時まで
価格 JTF会員  2,750円(税込)
一般  5,500円(税込)