セミナー

申込終了
「品質管理:発注企業のワークフロー管理とツールの活用」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2007-07-10 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:30 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 翻訳会館
概要 フランス語、スペイン語、イタリア語などインド・ヨーロッパ語族ロマンス語系諸語間の自動翻訳は比較的精度が高く、英語とロマンス語系またはゲルマン語系言語との間の自動翻訳も実用レベルに達しているといわれている。通常の自動翻訳では、Post Editing という編集作業を行うことはない。
株式会社シマンテックでは、3年ほど前から機械翻訳、自動翻訳の最適化処理とその出力の編集(Post Editing作業)を取り入れた翻訳フローの導入をめざしている。さらに2年前から機械翻訳システムの選定を行っている。その後は、機械翻訳の導入を進めている。機械翻訳を導入するにあたり、作業フローにおける機械翻訳タスクの位置づけ、利用方法、出力に対する最適化などについてのリサーチを行い、そのリサーチへ結果をもとに導入準備を行っている。
今回は同社での機械翻訳の導入準備と取り組み、および目指している運用方法について紹介し、効率的な品質管理プロセスを解説する。

【対象】
○機械翻訳の導入について興味をお持ちの方
○機械翻訳の最適化についての取り組みに興味をお持ちの方
○機械翻訳の出力の精度を高めるために取り組んでいる項目について興味をお持ちの方
○機械翻訳された出力に対する編集作業について興味をお持ちの方

⇒並木氏の講演をDVDで受講できます
受講対象者
講演者 並木 英之氏(なみき・ひでゆき)
株式会社シマンテック ローカリゼーション ランゲージサービス シニアマネージャ

2003年にシマンテックに入社し、ローカライズ部門にて翻訳サービスを提供するグループに所属。年々増加する製品とその製品のマニュアルの翻訳、および社内に向けての翻訳サービスを提供。翻訳サービスを提供するため、様々な翻訳技術導入の業務に従事。現在は、機械翻訳を組み込んだ翻訳プロセスの実現に取り組んでいる。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。