セミナー

申込終了
「メディカル業界の実情を憂う ~治験翻訳者の明るい未来を模索する~」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2007-08-07 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:30 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 翻訳会館
概要 治験とは医薬品の承認申請を前提として行われる臨床試験である。治験翻訳はその過程で発生する治験薬概要書、治験実施計画書、治験総括報告書などの文書を扱う産業翻訳の一分野である。またそれと同時に、治験翻訳者はメディカルライターやメディカルジャーナリストと並んで、医療情報の担い手としてメディカルコミュニケーションの一分野を担う情報発信者でもある。本講演ではこうした治験翻訳の視点と実例を紹介しながら、翻訳業界(翻訳者・翻訳会社・ソースクライアント)が抱える本質的な問題の原因とその解決方法にも言及し、治験翻訳をモデルとした翻訳業界の新しいビジネスの考え方を提案する予定である。

【対象】
○仕事獲得でお悩みの治験翻訳者
○医薬翻訳会社のコーディネーター・レビューア・経営幹部の方

⇒有馬氏の講演をDVDで受講できます
受講対象者
講演者 有馬 貫志氏
アルパ・リエゾン株式会社 代表取締役

有馬 貫志(ありま・かんじ)
アルパ・リエゾン株式会社 代表取締役
イカロス・アカデミー治験翻訳講座 コーディネーター
富士ゼロックスキャリアネット株式会社 医薬翻訳コンサルタント

関西学院大学大学院文学研究科博士課程、英国エセックス大学大学院言語学科修士課程修了。
英国でエセックス大学現代日本研究所講師、バーミンガム大学ジャパンセンター副主任等を歴任する。
帰国後、東京医科歯科大学で日本語非常勤講師を務める一方、治験翻訳者としての活動を開始。
翻訳会社のレビュー業務に従事した経験から、専門性の高い翻訳者の育成の必要性を痛感し、イカロス・アカデミー治験翻訳講座を立ち上げる。
日本メディカルライター協会正会員

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。