セミナー

申込終了
「SVを鍛えて翻訳の「殻を破る」英文ライティング術」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2014-10-09 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:15 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 「明治薬科大学 剛堂会館」
東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル1F
TEL:03-3234-7362
概要 「英語の体幹」ともいうべき主語(Subject)と動詞(Verb)に注目し、明解で簡潔な英語を作成・評価するための英文ライティング指標を紹介する。日本人が日本語の構文を引きずったまま英語を書くと、しばしば冗長で複雑な英文が生まれる。日本人英訳者の場合、翻訳手法が単語の置き換えに傾くと、型にはまった英語しか書けなくなる。「文法的に正しい」というミニマムな要求レベルを超えて、自然で引き締まった英文を書くには翻訳手法の殻を破る必要があり、その鍵の一つがSVの工夫である。事例を交えて紹介する指標は、英文の評価基準としても使える。読み手にまっすぐ伝わる英語、特にグローバルな現場で必要とされる「明解さ(clarity)」を客観的に評価する力は、翻訳者だけでなく、翻訳会社・クライアントを含めて英語に関わる全ての人に求められている。

講演のポイント:
◎ 英訳者の「蚤の天井」
◎ ネイティブ・チェックは魔法の杖?
◎ 重厚で難解な文体が格上?
◎ Plain Englishの潮流
◎ 殻を破る初めの一歩は主語(S)
◎ 動詞(V)が力強さの源
◎ 明解さの評価基準
◎ Economy of Words について一言

【対 象】
○翻訳者、勉強中の方
○企業内外で英文の文書作成、日英翻訳に携わる方
○翻訳会社の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
受講対象者
講演者 遠田 和子(えんだ・かずこ)氏
日英翻訳者、サン・フレア アカデミー講師

青山学院大学英米文学科卒。在学中米国パシフィック大学に留学。大手電機メーカにて翻訳業務に就いた後、フリーランスになる。現在、『通訳翻訳ジャーナル』(イカロス出版)にて「英訳ドリル」連載中。
著書には、『英語「なるほど!」ライティング』、『Google英文ライティング』、『eリーディング英語学習法』、『あいさつ・あいづち・あいきょうで3倍話せる英会話』(全て講談社、含む共著)がある。
訳書には、小川英子著『ピアニャン』英語版Little Keys and the Red Piano, 星野富弘著『愛、深き淵より』英語版Love from the Depths─The Story of Tomihiro Hoshino (共訳) がある。

価格 JTF会員  3,600円(税込)
一般  5,100円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。