セミナー

  • トップページ▶︎
  • セミナー
  • 「リーガル翻訳:弁護士からみた英文契約書のポイント~英文契約書のFundamental SkillsとGlolish (not Globish) Reformについて~」
申込終了
「リーガル翻訳:弁護士からみた英文契約書のポイント
~英文契約書のFundamental SkillsとGlolish (not Globish) Reformについて~」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2012-01-12 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:15 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 学校法人明治薬科大学「剛堂会館ビル」
東京都千代田区紀尾井町3-27
TEL:03-3234-7362
概要 英文契約書のFundamental SkillsとGlolish (not Globish) Reformについて:
本講演では、英文契約書のFundamental Skills(必須スキル)について説明し、次に、そのスキルを前提に英文契約書の合理化・効率化改革(Glolish (not Globish) Reform)についてお話しする。
Glolish Reform は契約交渉の英語の簡略化のみならず、英文契約書のドラフティングにも適用できることを示したい。

講演のポイント:
◎ 英文契約書のFundamental Skills(必須スキル)は何か
  ・必要な英語力
  ・法律英語力(語彙・慣用表現)
  ・実務(ビジネス)知識
  ・紛争時のイメージ展開力
◎ Glolish Reform が必要な背景
  ・具体例の紹介
  ・今後の翻訳者に要求されるもの

【対 象】
○リーガル翻訳者の方
○リーガル分野を取り扱っている翻訳会社の方
○法務部門の翻訳担当者の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで受講できます
受講対象者
講演者 牧野 和夫(まきの・かずお)氏
弁護士、弁理士、米国ミシガン州弁護士(芝綜合法律事務所

1981年、早稲田大学法学部卒業。ジョージタウン大学ロースクール法学修士号。
いすゞ自動車法務部課長、アップルコンピュータ株式会社法務部長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討委員、関西学院大学大学院(MBA)、関西学院大学商学部・法学部、明治学院大学法学部、駒澤大学法学部各講師、東京理科大学大学院客員教授、国士舘大学法学部・同大学院教授、を経て現在は大宮法科大学院大学客員教授、英国ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム(企業リスクマネジメント)教授、早稲田大学大学院(国際情報通信研究科)。
著書は60冊を数え、主な著書以下の通り。
『英文契約書の基礎と実務―知識ゼロから取引交渉のプロを目指す』DHC(2009/04)
『やさしくわかる英文契約書』日本実業出版社(2009/6/11)
『国際取引法と契約実務』中央経済社(2008/02)
『2ちゃんねるで学ぶ著作権』アスキー (2006/7/3)
『アメリカ特許訴訟実務入門―基礎から最新判例まで学ぶ』税務経理協会(2009/06)
『個人情報保護法ハンドブック―50のQ&Aでわかる企業対応』学陽書房 (2005/02)

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。