セミナー

申込終了
「山本ゆうじの『翻訳速度平均時速650語の秘密(拡張版)』と翻訳道具箱スペシャル」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2011-01-14 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:15 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 学校法人明治薬科大学「剛堂会館ビル」
東京都千代田区紀尾井町3-27
TEL:03-3234-7362
概要 本講演では、効率と高品質を両立させる翻訳支援技術についてのさまざまなヒント、特に翻訳ソフト、ユーザー辞書共通仕様UTX、分かりやすい日本語表記ルール「実務日本語」を紹介する。翻訳祭で好評だった内容を大幅に拡張し、かつてないほど具体的な実例を示しつつ、実演をみっちり行う。また、十分な質疑時間で翻訳作業・翻訳支援に関わる日々の疑問を解消できる。プロ翻訳者向けの翻訳支援では、大量の翻訳を複数人数で並行して行い、厳密な用語および表記の管理が必要になる。統計翻訳は、後編集に時間と労力を費やすことが多い。一方、翻訳ソフトで主流のルールベース方式では、ユーザー辞書をカスタマイズして精度と効率を大きく改善できる。参加者は事前に『通訳翻訳ジャーナル』コラム「デジタル翻訳者の道具箱」http://goo.gl/6GVX3のオンライン記事(無料)を参照されたい。

講演のポイント:
◎翻訳現場と開発者・研究者の間の深遠なる溝――翻訳支援と概訳
◎なぜ日本語の翻訳支援用途では統計翻訳ではなくルールベース方式がよいのか
◎前編集・後編集という思い込み
◎翻訳ソフトの実例と実演
◎ユーザー辞書共通仕様UTX(実用的な用語形式)の紹介(詳細版)
◎実務日本語(分かりやすい日本語表記ルール)の紹介(詳細版)
◎「翻訳工学」に向けて
◎十分な質疑時間

【対 象】
○クライアント企業の方
○機械翻訳に興味のある翻訳会社・個人翻訳者の方
○機械翻訳研究者・開発者の方

⇒本セミナーの講演はDVDで受講できます
受講対象者
講演者 山本 ゆうじ(やまもと・ゆうじ)氏
秋桜舎 代表、言語・翻訳コンサルタント

シカゴ大学修士を取得後、実務翻訳者として独立し、翻訳メモリーと翻訳ソフトを最適に統合するソリューションSATILA を開発。確実に用語管理をしつつ平均時速650語を実現。『通訳翻訳ジャーナル』など各種雑誌に連載・寄稿し、翻訳と英語教育関連の記事を200件以上執筆した。SDL 公認講師でもあり、翻訳メモリーの専門家として、教材を多数作成。翻訳ソフトについては、アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)で国際標準化団体LISAと協力しつつユーザー辞書共通仕様UTX の策定に関わる。実務翻訳者として現場で働く一方、企業に翻ノ関する総合的なノウハウを提供する。TOEIC 満点取得者。mixi では、3万人以上の参加者を持つ、プロ仕様・文章作成技法コミュニティーを主宰。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。