セミナー

申込終了
「ウェブを活用した翻訳需要の開拓~クラウド時代の翻訳ビジネスモデルを語る~」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2010-10-14 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:15 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 学校法人明治薬科大学「剛堂会館ビル」
東京都千代田区紀尾井町3-27
TEL:03-3234-7362
概要 当連盟が2008年に発表した『第3回翻訳白書』では国内の翻訳市場規模は推定2,000億円、ここ数年で大きな成長率は見えない。一方、調査会社のCommon Sense Advisoryが発表した世界の言語サービス市場は2008年で142.5 億ドル、2013年には250億ドルに到達と予測。単純に比較しても、成長率の高いBRICsを中心とした諸外国は確実に産業が成長していることが伺える。市場規模が育たない場合、一般論で言えば、プロダクトライフサイクルの成熟期という考え方があるが、島国日本において翻訳産業に寿命があるとは考えにくい。観光立国の早期実現、中国人観光客の増加、ヤフーと淘宝(タオバオ)の提携によるグローバルマーケットプレイスの台頭など、今の国内の翻訳ビジネスに必要なのは既存市場の外側にいる潜在顧客のニーズに応えるビジネスモデルではないだろうか。
当セミナーでは、24時間365日ネット経由で『見積り~納品』のプロセスを自動化、最短30分で納品を可能にしたスピード翻訳サービスを紹介しながら、クラウド時代の翻訳ビジネスモデルについて語る。また、同サービスで現在活躍中の翻訳者である印田知実氏をゲストに招き、ネット経由で自ら仕事を取りに行くことが可能な同社の翻訳プラットフォームについて、実際の案件や事例を紹介しながら説明する。

◎ 世界と日本の翻訳市場における現状について
◎ 人口縮小の国内で勝つためのKSF(キーサクセスファクター)とは?
  *ポジショニングマップから自社の優位性を検証する
  *GMOスピード翻訳のブルーオーシャン戦略
◎ 新しい需要を開拓するための2つの課題と戦略
  *既存マーケットの拡張=機密保持に関する課題
  *ウェブを活用した新規需要の開拓
◎ 24時間365日、ノンストップで翻訳を提供するスピード翻訳サービス
◎ GMOスピード翻訳が考える新しい翻訳ビジネスモデルと戦略
◎ 翻訳業界におけるスピード翻訳サービスの役割、ポジション
◎ 世界で起きているクラウドソーシング型翻訳サービスの実例
◎ 他業界に見るクラウドコンピューティングの実例
◎ クラウド時代に必要な翻訳サービスのビジネスモデルとは

【対 象】
○フリーランス翻訳者の方
○翻訳会社の経営幹部・営業の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで受講できます
受講対象者
講演者 古谷 祐一(ふるや・ゆういち)氏
GMOスピード翻訳株式会社 常務取締役

東証1部上場企業のGMOインターネットのグループ企業として2007年3月に設立されたGlobal Web株式会社(現:GMOスピード翻訳株式会社)の代表取締役社長に就任。
現在は常務取締役として事業を統括。新たな翻訳需要の開拓に向け、国内ほとんどの大手ポータルサイト(@niftyOCNSo-netlivedoor楽天infoseek等)との提携を実現させる。
最近では、アリババマーケティングと業務提携をし、アリババの国際取引サポートにオンライン翻訳サービスのプラットフォームを提供。GMOホームページ大学、宅建協会のIT活用セミナー等でも講演。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。