セミナー

申込終了
「医薬翻訳:クライアント満足度を高めるために翻訳会社・翻訳者がすべきこと」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2010-01-14 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:15 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 学校法人明治薬科大学「剛堂会館ビル」
東京都千代田区紀尾井町3-27
TEL:03-3234-7362
概要 リーマンショック以降、ほとんどの翻訳分野で受注が減少している中にあって、同社の医薬翻訳部門は常に満員御礼の状態である。なぜ医薬翻訳業界が不況に強いのか。2010年度問題など、現在の製薬業界を取り巻く状況を分析し、翻訳ビジネスにどう結びつけていくべきかについて語る。
医療翻訳と一口に言っても、製薬会社、医療系出版社、医療機器メーカー、大学病院など、クライアントは様々である。それぞれのクライアントに満足してもらえる翻訳は、どういったものなのか。クライアント満足度を高めるために、翻訳会社、そして翻訳者たちは何ができるのか。医療翻訳に役立つサイトや有用な情報、品質向上のためのIT技術なども交えながら、クライアントのニーズに的確に応え、安定的に仕事を獲得していくためのポイントを紹介する。

【対象】
○医薬翻訳者を目指す方
○医薬翻訳者の方(フリーランス・社内)
○医薬分野に進出を考えている翻訳会社の方

⇒本研究会の講義内容をDVDで受講できます
受講対象者
講演者 ●村田 桂子(むらた・けいこ)氏
株式会社MCL 代表取締役
●平井 由里子(ひらい・ゆりこ)氏
同社 取締役

●村田桂子氏((株)MCL 代表取締役)
薬学部を卒業後、1986年MS法人(有)MCLを設立し、代表取締役となる。事業と子育ての傍ら、医療通訳を目指し努力するも、挫折。医薬翻訳を始める。
2002年京都大学医学部附属病院探索医療センター検証部の研究生となり、米国国立癌研究所(NCI)のがん情報サイト翻訳プロジェクトでチームリーダーを務める。
2003年MCL内に翻訳部門を設立。以後、登録翻訳者とともにアトラスなどの医学書、治験文書、論文など、多数の翻訳を手がける。今ではすっかり医薬翻訳の魅力にはまる。

●平井由里子氏(同社 取締役)
大学卒業後、大手銀行に入社、システム開発部に配属となり、銀行オンラインシステム基幹ソフトウェアのカスタマイズ・保守に携わる。
1998年に同社退職後、会議通訳者を目指し、夫をひとり残して、英国留学を断行。
通訳者としてデビュー寸前、村田と出会い半強制的にMCLに入社。翻訳主任を務める傍ら、銀行時代のシステム開発経験を元に、翻訳支援ソフト「対訳君」、アラインメント&翻訳品質チェックツール「CheckAlign」の開発で陣頭指揮をとる。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。