セミナー

申込終了
「医薬翻訳:医薬翻訳者に求められる要件」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2007-02-13 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会:なし
会場 翻訳会館
概要 医薬翻訳に携わる方、これから医薬翻訳者になろうと考えている方を対象に、翻訳会社を経営し、自らも医薬業界の第一線で活躍する立場から、翻訳会社の内情やトライアルの採点基準など普段なかなか聞けない話を交えながら、医薬翻訳者に求められる資質や能力について話す。さらに翻訳内容に関する効率の良い調査方法、スキルアップのための学習方法などを実例と共に紹介する。

⇒村田氏の翻訳セミナーをDVDで受講できます
受講対象者
講演者 村田 桂子氏
株式会社MCL 代表取締役

神戸女子薬科大学卒業後、大阪大学医学部第四内科に研究補助員として勤務。
1986年MS法人(有)MCLを設立し、代表取締役となる。その後、医療通訳を目指し努力するも、挫折。医薬翻訳を始める。
2002年京都大学医学部附属病院探索医療センター検証部の研究生となる。米国国立癌研究所(NCI)のがん情報サイトPDQ翻訳プロジェクトでチームリーダーを務める。
2003年MCL内に翻訳部門を設立。翻訳支援ソフト「対訳君」開発。

【株式会社MCL 会社概要】
(株)MCL翻訳部門は、翻訳を通して医学・薬学の発展に貢献すべく、医師と薬剤師の手によって設立された。医薬界の発展が、ひいては人の命と健康、幸福につながればという理念に基づき、米国立癌研究所が全世界に向けて発信する癌治療に関する最新情報データベースの翻訳に携わったことがきっかけ。医薬翻訳における専門知識の重要性を深く認識し、医学・薬学にフォーカスした高度な専門性を誇る翻訳サービスを提供している。更に、医学翻訳の品質向上と効率化を図るべく、大量の辞書や用例集を同時検索し自らのデータも蓄積できるソフトウェア「対訳君」を開発、翻訳者の「こんな機能があればいいのに」を形にし、着実にユーザー数を増やしている。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。