セミナー

申込終了
「医薬翻訳:翻訳会社が求める品質と採用したい翻訳者とは」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2008-02-12 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:30 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 翻訳会館
概要 製薬会社のM&Aや日本企業の海外進出によって、医薬翻訳の市場規模は年々拡大している。同時にクライアントから翻訳会社に求められる品質、価格、納期もますます厳しくなっている。翻訳会社の共通課題は、恒常的に不足している翻訳者確保の問題である。同業者間の競争に生き残るためには、優秀な翻訳者を育成し、自社との長期的な信頼関係を築くことが不可欠だといえる。
今回は医薬専門の翻訳会社である(株)アスカコーポレーションの石岡氏が、自社が求める品質と採用したい翻訳者像について語る。すでに実務経験のある翻訳者の方を対象として、翻訳者との間に生じやすいミスマッチやクライアントから指名される翻訳者の共通点、自社のトライアル審査基準などを伝える。

【対象】
○翻訳会社から仕事を受注している医薬翻訳者の方
○翻訳会社のコーディネーター・レビューアの方
受講対象者
講演者 石岡 映子氏
株式会社アスカコーポレーション 代表取締役社長

株式会社アスカコーポレーション
1995年設立。新薬申請文書から学術文献まで、翻訳や英文校正などの高品質のサービスを提供している。非臨床・臨床関連のドキュメンテーションはもちろん、バイオ関連への取りくみも積極的に行い、米国科学雑誌Scienceを発行する米国科学振興協会AAASのJapan Officeとしト先端科学の翻訳に取り組んでいる。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。