セミナー

申込終了
「ローカライズにおける品質とはなにか - BEA Systems の実例より」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2008-12-11 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:30 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 翻訳会館
概要 ローカライゼーションの黎明期から今日に至るまで、翻訳品質は、ローカライズに関わるすべての人たちの最大の関心事であり、懸念事項であり続けている。果たして、この間にローカライズの『品質』は、どれほど向上したか、また、今後も品質は、最大の懸念事項であり続けるのであろうか。
先日、日本オラクルに統合された日本BEAシステムズでは、ローカライズ品質を向上・安定させるべく、翻訳者とクライアントのコラボレーションに関して、いくつかの斬新な試ンを行っていた。本講では、これらの実例に基づき、インターネット時代におけるクライアントと翻訳者の関係と、それがローカライズの品質にどのような影響をもたらすのかを検証する。

【対象】
○ローカライズ翻訳会社(PM・QA・営業)の方
○ローカライズ翻訳者の方
○クライアント発注担当者の方

⇒本研究会の講義内容をDVDで受講できます
受講対象者
講演者 中村 功(なかむら・いさお)氏
元日本BEAシステムズ株式会社 ローカリゼーション部、現日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社 サーバグローバライズ マネジャー

1993年、ボーランド株式会社に入社。以来、主に、コンピュータ言語製品、ミドルウェア製品のローカライズに携わる。
2003年より、日本BEAシステムズにおいて、日本語に加え、中国語(Simplified, Traditional)、韓国語のローカライズを開始。
今年10月、米国Oracle社のBEA Systems 買収に伴い、日本オラクルインフォメーションシステムズに転籍。
現在は、インターナショナライゼーション QA、およびコンサルティングを担当する、サーバー グローバライゼーション テクノロジーに所属。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。