セミナー

申込終了
「ネイティブから見たインベスターリレーションズ(IR)業界における日英翻訳」

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。

開催日 2009-01-08 セミナー: 14:00 ~ 16:40
懇親会: 17:30 ~ 19:30 [希望者のみ]
会場 学校法人明治薬科大学「剛堂会館」
東京都千代田区紀尾井町3-27
TEL:03-3234-7362
<お知らせ>
「翻訳会館」から会場が変更になります
概要 国内の株式市場に占める外国人投資家の割合は、ここ数年で過半数を超えるまでに高まっている。金融危機による一時的な影響はあるにせよ、経済のグローバル化に伴い、今後も外国人投資家へのIR活動が重要視されることは間違いない。しかし、英語版のホームページやIR資料の品質が低いために、株価だけでなく企業ブランドまでも下げてしまう恐れがある。IRの品質次第で企業は外国人投資家から信用を高めるか、信用を失って株価を下げるかが決まる。

そこで今回は、証券・金融・会計等の専門家を擁し、他業種にわたる企業の決算短信、アニュアルレポート、プレスリリースの翻訳サービスを提供しているイー・アソシエイツ(株)のスティーブンソン氏をお招きし、「ネイティブから見たインベスターリレーションズ(IR)業界における日英翻訳」について講演いただく。日本と欧米とではIRに関する基本的な考え方は少し異なる点もあり、特に英語でのIR活動では大幅な差異が見受けられる。IRにおける英訳を語る前にまずIRとは何か、何のためにやるのかについて説明し、日本企業の外国人投資家に向けたIR活動及びIR翻訳(日英)の実情や問題点について述べる。またIR翻訳の品質を上げるためのポイント、日本人翻訳者とネイティブ翻訳者の長所と弱点にも触れる。

【対象】
○IR・ビジネス分野の日英翻訳者の方
○翻訳会社のチェッカー・コーディネーターの方
○企業の英語IR活動をサポート・担当する方

⇒本研究会の講義内容をDVDで受講できます
受講対象者
講演者 マーク・スティーブンソン(Mark Stevenson)氏
イー・アソシエイツ株式会社 翻訳事業部 トランスレーター・エディター

オーストラリアのパース市出身。
今回日本に来て3年目。
パースの大学では日本研究と金融学を専攻。
97年関西外国語大学に一年留学。
卒業後大学院に進学、しばらく金融学の講師を務める。
大学院の卒論をベースにした共著論文が米の学会誌に掲載される。
2005年からフリーランスの翻訳者としてビジネス英訳を始め、2007年10月から企業IR・広報活動を支援する会社イー・アソシエイツにて翻訳・エディットを担当。
現在日本証券アナリスト協会CMA(1次)を目指して勉強中。
趣味は水泳、バスケ、洋画・邦画。好きなOSはGentoo Linux。
日本翻訳者協会(JAT)会員。

価格 JTF会員  3,500円(税込)
一般  5,000円(税込)
懇親会のご案内
懇親会価格 JTF会員  5,000円(税込)
一般  5,000円(税込)

こちらのセミナーの申し込みは終了しました。