翻訳者詳細

氏名 渡邊 淑子
フリガナ ワタナベ ヨシコ
日本国内
現住所
(都道府県)
茨城県
ウェブサイトURL なし
翻訳関連資格 非公開
取り扱い言語 英→日 / 日→英
取り扱い業務

なし


取り扱い分野 自動車・航空機・船舶 / ビジネス一般 / 金融・経済 / Webサイト / 出版 / 映像・テープ起こし
自己PR・翻訳実績・経歴 私は国際交流と語学に関心を持ち様々な活動をしてきましたが、現職での経験から改めて主に英語での翻訳を自身の専門・職務として意識し、今回御協会への入会を希望するに至りました。自己PRとして自身の経験を紹介していきます。
現在私は国立研究所にて人間工学領域のテクニカルスタッフとして英文資料作成や連絡調整等の事務職に従事しています(2年目)。海外動向調査や海外論文への投稿や外国人研究者との英語利用が多く、日頃から“Google Scholar”等のツールを使用し様々な学術論文や関連する資料を読み専門用語や表現の知識の習得・向上に励んでいます。(海外論文投稿の英訳/ビジネスメールの英、和訳/各種書類・プレゼン資料の作成英訳/海外動向調査のリサーチ、和訳〜概要まとめ、資料作成等)
それ以前はタイ北部ピッサヌロークの国立大学で常勤日本語教師として約3年従事しておりました。日常や手続きはもとより英、豪、中国や韓国、インドネシア、フィリピン等様々な国の教員との共通語は英語で、そこで身につけたビジネス会話からカジュアルな内容までの多岐にわたる表現は財産です。
また国際交流への想いから約2年語学留学と海外活動に従事した経験もあります。留学先はアイルランドのコークで、ホームステイしながら学校に通いました。その際多国籍のクラスメイトとの関わりで非英語圏話者の発語発音にも慣れ、様々な英語を聞き取れるようになりました。その後、英の団体に所属し難民支援のボランティアとして、キャンプでの炊出や清掃活動等も行いました。親しみやすいやりとりで不安を軽減できたらと取り組んでいましたが、言葉の繊細さを感じる良い経験となりました。活動先は印、ミャンマー/セルビア、英、仏、スウェーデン/パラグアイでした。
その他幼少〜高校までのガールスカウト活動での海外会員のホームステイ受入なども今の関心に繋がる下地になっています。また国際関係への関心から大学卒業後は会計専門職大学院に通いつつ米国公認会計士の資格取得を目指し専門学校で学んでおり、会計関連特に専門用語等は当時から英語での理解を進め、解釈も違和感なく身についています。
これら現場で生きた語学に触れ取組んできた経験は翻訳に役立つ素地になるかと考えています。今回の入会を契機とし更に環境を整え、翻訳の技術と素養を深め活動していきたいです。
希望職種 なし
条件 なし
現職 なし