本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTF翻訳セミナー(東京) JTF関西セミナー(大阪)

JTF関西セミナー(大阪) セミナー受講ご希望の皆様へ

Archive(年度別) 

2009年のJTF関西セミナー活動報告

第5回
開催日 2010年2月26日 14:00 〜 16:30
テーマ 医薬翻訳の初心者を応援します!〜長く仕事をするために〜
講演者 北川 千里(きたがわ・ちさと)氏
医薬翻訳者・通訳者
概要 【概 要】
講師の北川千里氏は、大学ご卒業後に入社した会社がたまたま外資系の製薬会社だったことがきっかけで医薬分野の翻訳をするようになり、その後20年にわたり、プロの通訳者・翻訳者としてお仕事をされてこられました。それらのご経験から、これから医薬翻訳者になりたいと思っておられる方々や医薬翻訳者として経験がまだ浅い方々を対象に、長く仕事をするためのヒントに溢れたお話を頂戴いたします。
初心者向けに臨床論文の英訳課題があります。
⇒課題文はこちらからダウンロード(PDF)
詳細 → 詳細はこちら
第4回
開催日 2010年1月22日 14:00 〜 17:00
テーマ 特許翻訳の現場から
講演者 倉増 一(くらます・はじめ)氏
青山学院大学情報工学科講師/株式会社トランスプライム 代表取締役
概要 【概 要】
今回は「知的財産翻訳ジャーナル」(日本知的財産翻訳協会発行)で好評連載中の「特許翻訳の現場から」の執筆者、倉増 一 先生にはじめて西日本セミナーへお越しいただくことになりました。
申込者には事前に「翻訳課題」を、お届けいただいたメールにお送り致します(1月12日頃から送付予定)。当日は各自の翻訳文をご持参いただき、ご参加をいただければと思います。(翻訳は可能な方だけで結構です)。セミナーはその内容に沿ってお話いただき、最後に模範翻訳例をご紹介いたします。
分野は限定せず、電気・機械・化学のどの分野の方にも興味を持って頂ける内容になっています。
現役の特許翻訳者、学習中の方、翻訳会社の方々も是非ご参加ください。
ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!
詳細 → 詳細はこちら
第3回
開催日 2009年12月4日 14:00 〜 16:00 懇親会: 16:15 〜 18:00
テーマ 「翻訳力」ステップアップV 〜技術・実務翻訳者 井口耕二さんに訳文チェックしてもらおう♪〜
講演者 井口 耕二(いのくち・こうじ)氏
技術・実務翻訳者、社団法人日本翻訳連盟 常務理事
概要 【概 要】
毎年お越しいただいている井口耕二氏(個人翻訳者・JTF常務理事)の西日本セミナーですが、今年も皆さんから要望が多く寄せられている訳文チェックのレクチャをしていただくことになりました。
⇒課題文はこちらからダウンロード(PDF)
詳細 → 詳細はこちら
第2回
開催日 2009年10月30日 14:00 〜 17:00
テーマ 「ほんれんそう」ライブ2009年!
〜森口理恵さんからA評価を獲得しよう〜
講演者 森口 理恵(もりぐち・りえ)氏
医薬翻訳者
概要 【概 要】
「日本翻訳ジャーナル」に好評連載中の森口理恵さんの誌上勉強会「ほんれんそう」。
また昨年末の西日本セミナーで大好評であった「ほんれんそう ライブ版」。
その森口さんに再びご登場をいただくことに致しました。
今回も参加者に課題文の事前翻訳をお願いすることにしました。
翻訳した文章を事前に連盟事務局にメールでご提出ください。講義中で翻訳例として、良い点、悪い点を解説していただく予定になっています。またA〜Dの厳しく愛ある判定つきです。ぜひA判定を目指してみてください。
⇒課題文はこちらからダウンロード(PDF)

課題文ですが、新型インフルエンザの文章を取り上げることにしました。
新しい話題なので、ネットで調べやすいですし、取り組んでいて面白いと思います。
詳細 → 詳細はこちら
第1回
開催日 2009年7月24日 14:00 〜 17:00
テーマ 翻訳者はどこまで訳すべきか?
〜翻訳とリライトの境界線で医薬翻訳業務のあり方を考える〜
講演者 有馬 貫志(ありま・かんじ) 氏
東京医科歯科大学 国際交流センター 日本語非常勤講師、アルパ・リエゾン株式会社 代表取締役
概要 【概 要】
今回の西日本セミナーは、アルパ・リエゾン株式会社代表取締役を務め、東京で「治験翻訳講座」を主催されている有馬貫志先生にご講演いただきます。ほかにも雑誌の連載など各種方面でご活躍の有馬先生、関西初登場です。
本セミナーでは、翻訳者のみなさんにとって対処の仕方が難しい、原文の不備をどこまで補うべきか、という問題を取り上げます。翻訳者に求められる基本的な理論、考え方についての講義に始まり、実践として演習やリライトのケーススタディも予定しています。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。
詳細 → 詳細はこちら

Archive(年度別)