本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

翻訳品質委員会

JTF翻訳品質セミナー

本セミナーは、翻訳の品質を真剣に考え、その向上に実践的に取り組む方のための講座です。特に、日本語が介在する翻訳において、成果物の質を高めたい方を対象としています。「品質を定義するのは難しい」とよく言われますが、だからこそ、品質を見る確かな目と深い知識が求められます。本セミナーで新しいノウハウや考え方を学び、実務に役立ててください。

■ 過去のセミナー(旧スタイルガイドセミナー)
 これまでのセミナーの様子は以下でご覧ください。
 2015年度JTFスタイルガイドセミナー報告  第1回第2回第3回第4回
 2016年度JTFスタイルガイドセミナー報告  第1回第2回第3回第4回
 2017年度JTFスタイルガイドセミナー報告  第1回第2回第3回

2018年JTF翻訳品質セミナー

会場 ●セミナー会場
明治薬科大学 剛堂会館
http://www.jtf.jp/east_seminar/map/
東京都千代田区紀尾井町3-27
TEL:03-3234-7362
●懇親会会場
時間:17:15〜19:30
会場:「藩麹町店」
定員 定員150名
参加費 JTF会員2600円 JTF非会員6100円 懇親会※希望者のみ 4500円[いずれも税込価格]

※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください(当日支払は不可)。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※セミナー終了後、スタッフが会場までご案内致します。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。
申込方法 近日公開予定

2018年度翻訳品質セミナー

開催日時 2019年 2月4日(月)14:00〜16:40
講師 西野 竜太郎(ニシノ リュウタロウ)一般社団法人日本翻訳連盟 理事
工藤 竜広(クドウ タツヒロ)株式会社サン・フレア 商品保証部部長
タイトル JTF翻訳品質評価ガイドラインを活用する
概要 JTFは2018年11月に「JTF翻訳品質評価ガイドライン」を公開した。これは受発注者を中心とした関係者が翻訳の「品質」について共通認識を持ち、翻訳ビジネスを円滑に進められるよう支援することを目的としている。本セミナーではガイドライン全体を解説するとともに、導入予定の実例を紹介する。 セミナーは3部構成となる。
・第1部(西野):ガイドライン全体を説明する。最初に翻訳品質評価とは何かについて解説し、続いて具体的な評価手法である「JTF翻訳品質評価モデル」を紹介する。
・第2部(工藤):(株)サン・フレアにおける実例を紹介する。同社では顧客との協議に基づき、個別案件の品質評価に対してガイドラインを導入する予定だ。まず現在の品質評価体制を説明し、ガイドライン運用に関わる手順などについて発表する。
・第3部:JTF翻訳品質評価モデルを使い、演習形式で実際に評価を試してみる。

講演のポイント

◎JTF翻訳品質評価ガイドライン
◎翻訳品質評価とは
◎さまざまな翻訳品質評価手法
◎JTF翻訳品質評価モデル
◎ガイドライン利用のライセンス
◎評価シート・サンプルの使い方
◎ガイドライン導入の実例
◎演習形式による評価

受講対象者

◎翻訳発注企業の方
◎翻訳会社の方
◎翻訳者の方
講師プロフィール 西野 竜太郎(ニシノ リュウタロウ) 一般社団法人日本翻訳連盟 理事西野 竜太郎(ニシノ リュウタロウ)  一般社団法人日本翻訳連盟 理事
IT分野の英語翻訳者。米国留学を経て国内の大学を卒業後、2002年からフリーランスの翻訳者とソフトウェア開発者に。2016年に合同会社グローバリゼーションデザイン研究所を設立。2017年からJTFの理事および翻訳品質評価ガイドライン検討会委員長も務める。
産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)、東京工業大学博士課程単位取得退学。
『アプリケーションをつくる英語』で第4回ブクログ大賞(電子書籍部門)を受賞。近著に『アプリ翻訳実践入門』がある。

工藤 竜広(クドウ タツヒロ) 株式会社サン・フレア 商品保証部部長工藤 竜広(クドウ タツヒロ)  株式会社サン・フレア 商品保証部部長
ソフトウェアメーカーに十年ほど勤務した後に、株式会社サン・フレアに入社。
製造(電気機械・化学)、法務、金融、ICTに関する翻訳、レビューに長年従事。
英語、中国語を始めとして様々な言語(欧州言語・アジア言語)で多様な分野の案件について翻訳、レビュー、品質管理を担当。

◆参加申込の受付は近日中に開始します。

ページトップへ