本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTFバナー広告募集中!お申込み・詳細はこちら

JTF翻訳セミナー(東京) JTF関西セミナー(大阪)

JTF関西セミナー(大阪) セミナー受講ご希望の皆様へ

JTF関西セミナー(大阪)とは?

大阪で年4回開催し、翻訳力及び専門知識を強化するための実務翻訳セミナーです。科学技術、情報処理、金融・証券、特許、医薬など

【運営】JTF関西委員会
【後援】アジア太平洋機械翻訳協会
    Society of Writers, Editors and Translators (SWET)
    日本翻訳者協会(JAT)

以前の関西セミナー活動報告はこちら

参加料とお申し込み方法
参加料(税込)
参加区分 JTF会員 非会員 学生
セミナー参加料 2,600円 3,600円 2,600円
※消費税法改正に伴い、料金改定致しました。
※学生の方は、当日受付にて大学・短大・専門学校(2年以上)の学生証の提示をお願いします。
※懇親会は講師のご都合により開催しないことがありますので、各回のセミナー案内にてご確認ください。
 ⇒JTF関西セミナーのお申し込みはこちらから
【申込期限】各受講日の3営業日前18時まで(ただし、満席の場合は受け付けられませんので、事前に電話でご確認願います)

JTF関西セミナー(大阪) 年度スケジュール

第3回
→詳細
【受付中】 2018年1月26日(金) 誰も教えてくれない翻訳チェック 〜翻訳者にとっての翻訳チェックとは?〜 (通算第3回)
第4回
→詳細
【受付中】 2018年3月2日(金) 脱・辞書の持ち腐れ《60Hz》〜どの辞書をいつ引くか〜 (通算第4回)
第 3 回 【受付中】
開催日 2018年1月26日(金) 14:00 〜 17:00 懇親会: 17:30 〜 19:30
会場 「大阪大学中之島センター 7階703」
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53 TEL:06-6444-2100
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
テーマ 誰も教えてくれない翻訳チェック 〜翻訳者にとっての翻訳チェックとは?〜
講演者 齊藤 貴昭(サイトウ タカアキ)氏
JTF理事/社内翻訳者/翻訳コーディネーター
略歴

某電子事務機メーカー入社後、製造から市場までの幅広い品質管理業務に長年従事。5年間の米国赴任後、米国企業相手の品質関連交渉担当となる。交渉業務を行う中で自ら通訳・翻訳業務を担当するとともに社内翻訳者の管理・教育を数年経験。2007年末より現在のグループ会社で翻訳コーディネーターと社内翻訳者を担当。グループ会社から依頼される様々な翻訳案件の翻訳・発注・チェック・管理の業務を行っている。製造業で学んだ品質管理の考え方をベースに、翻訳品質保証体系を構築するのが現在の自己研究テーマである。日本翻訳連盟理事。


ブログ「翻訳横丁の裏路地」

概要

【概 要】

「翻訳」は、翻訳学校や通信講座、セミナーなどを利用することで基礎的知識を身につけることができる。しかし、それらのカリキュラムに「翻訳チェック」の考え方を詳しく教えるものは、私の知る限り無さそうである。
また、翻訳チェックのみを題材とした講座も無いようである。 では、翻訳者のみなさんは、どのように自分の翻訳チェックの内容を決めているだろうか?当セミナーでは、自分の翻訳者経験をベースに構築した翻訳チェック体系を、「翻訳者が行うべき翻訳チェックの基礎」として提案する。
具体的には、完成した翻訳物に対して実施すべきチェック項目とその考え方、また、それらのチェック項目を実施する順序(チェックフロー)を理由とともにご紹介する。
どのようなチェックをすればいいか悩んでいる方から、自分なりのチェック方法を構築されている方まで、それぞれの立場で聞いていただき、御自身の翻訳チェックの質向上へ役立てていただけると嬉しい。


【講演のポイント】
◎ 翻訳者としてすべき翻訳チェックを学ぶ
◎ 翻訳チェックの分類とアプローチの仕方
◎ チェックの特性に合ったチェック手段の考え方
◎ チェックの検出力を上げるための考え方
◎ 翻訳チェックは翻訳者の自己鍛錬のチャンス
◎ 個人翻訳者が取るべき品質保証の考え方


東京で開催された同セミナーは満員御礼続き。関西でもぜひ、との声が多数寄せられて開講となりました。大変長い間お待たせいたしました。ようやくお話をお伺いする機会ができました。多くの皆様のご参加お待ちしております。


【定 員】
105名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:30〜19:30
会場:「リナーシェ」大阪市福島区福島1-1-48 堂島クロスウォーク内
懇親会会費:5,000円(税込)
懇親会定員:先着25名
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2018年1月23日(火)18時まで


予約 ⇒お申込みはこちら
第 4 回 【受付中】
開催日 2018年3月2日(金) 14:00 〜 17:00 懇親会: 17:30 〜 19:30
会場 「大阪大学中之島センター 7階703」
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53 TEL:06-6444-2100
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
テーマ 脱・辞書の持ち腐れ《60Hz》〜どの辞書をいつ引くか〜
講演者 深井 裕美子(フカイ ユミコ)氏
翻訳者、通訳者、翻訳講師


高橋 聡(タカハシ アキラ)氏
個人翻訳者、JTF専務理事
略歴

◯深井 裕美子(フカイ ユミコ) 翻訳者、通訳者、翻訳講師

上智大学外国語学部フランス語学科、JR東日本、番組制作会社を経て現職。宣伝、ファッション、アート、演劇、ニュースやエンターテインメント系の英日・日英翻訳をするほか、翻訳学校や各種セミナーで辞書や正確・迅速な原文読解について話をしている。「読めてないものは訳せない」が座右の銘。ウェブサイト「翻訳者の薦める辞書・資料」を運営。入会して20年超になる翻訳フォーラムでは、シンポジウムやセミナーの企画運営を担当している。



◯高橋 聡(タカハシ アキラ) 個人翻訳者、JTF専務理事

プロフィール:CG以前の特撮と帽子と辞書をこよなく愛する実務翻訳者。翻訳学校講師。学習塾講師と雑多翻訳の二足のわらじ生活と、ローカライズ系翻訳会社の社内翻訳者生活を経たのち、2007年にフリーランスに。現在はIT・テクニカル文書全般の翻訳を手がける。最近は、翻訳者が使う辞書環境と「辞書を読む」ことについて研究し、翻訳フォーラムなどの翻訳者グループで情報を発信している。



2人は翻訳フォーラムのメンバーとして「できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える『翻訳のレッスン』」(講談社)執筆に参加。2018年2月4日には「レッスンシリーズ第8弾『脱・辞書の持ち腐れ《50Hz》〜お題に挑戦〜』」を東京で開催予定。詳細は後日 fhonyaku.jp にて発表。

概要

【概 要】

翻訳者と辞書は切っても切れない関係だ。優れた辞書を複数手元において、頻繁に参照することは、とても大切である。一方、辞書は数を揃えればいいというものでもない。上手に使ってこそ、辞書が生きてくる。

本セミナーではまず、どの分野の翻訳者も必ず持っていたい辞書は何か、どのようなプラットフォームで揃えるのが良いかといった、辞書の基礎情報について簡単に説明する。

さらに、「いつ」「どの辞書を」「どの単語で」「どのようにして」引くかを、実例を出しながら解説し、「紙辞書」「電子辞書」「CD-ROM辞書」「アプリ辞書」「オンライン辞書」等、さまざまな辞書環境を組み合わせた調べ方についての情報を提供する。

これから辞書環境を整え始める初学者・初心者はもとより、すでに仕事をしている方たち、ベテランの皆さんにも、ぜひご参加いただき、「原文を正確に読む」「原文の内容を過不足なく訳文に記す」という翻訳技術の向上にお役立ていただきたい。



【講演のポイント】
◎辞書の基本
◎最新のプラットフォームと種類
◎翻訳作業時に遭遇する辞書引き事例
◎英英をいつ、どう引くか
◎国語辞典はいつ、どう引くか
◎類語辞典の活用方法
◎訳語を選ぶ決め手になるのは何か
◎必須の辞書、おすすめの辞書


【定 員】
105名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:30〜19:30
会場:「リナーシェ」大阪市福島区福島1-1-48 堂島クロスウォーク内
懇親会会費:5,000円(税込)
懇親会定員:先着25名
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2018年2月27日(火)18時まで


予約 ⇒お申込みはこちら

JTFバナー広告募集中!お申込み・詳細はこちら