本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTF翻訳セミナー(東京)西日本セミナー(大阪)

翻訳セミナー情報 西日本セミナー(大阪) セミナー受講ご希望の皆様へ

西日本セミナー(大阪)とは?

大阪で年5回開催し、翻訳力及び専門知識を強化するための実務翻訳セミナーです。科学技術、情報処理、金融・証券、特許、医薬など。

【運営】西日本委員会

以前の西日本セミナー活動報告はこちら

第2回関西セミナー 2012年1月20日(金)

「JTF 翻訳セミナーin Osaka」 関西力でニッポンを元気にしよう!

2011年度第2回JTF関西セミナーは、マルチセッション形式のイベントとなります。企業、翻訳会社、翻訳に従事する人々が一堂に会し、情報を交換するマッチングの機会を提供いたします。各分野の第一線で活躍する翻訳家や業界のキーパーソンの話を聞く絶好のチャンスです。参加する皆さんのエネルギーで西日本のパワーを全国にアピールしましょう!
ふるってご参加ください。

第2回関西セミナーの公式パンフレットデータ(PDF)はこちらから⇒関西セミナーの公式パンフレット

参加料とお申し込み方法
参加料
会員区分 JTF会員 非会員 学生
※学生の方は、当日受付にて大学・専門学校の学生証の提示をお願いします。
講演:パネルディスカッション 5,000円 6,500円 2,500円
交流パーティー 一律4,000円
【申込期限】2012年1月16日(月)まで(ただし、満席の場合は受け付けられませんので、事前に電話でご確認願います)
プログラム詳細はこちらから

西日本セミナー(大阪) 年度スケジュール

第n回 【受付中】yyyy年mm月dd日(火) 新人歓迎:翻訳会社が求める高品質の翻訳とは(通算第n回)
第n回 【受付終了】yyyy年mm月dd日(火) 新人歓迎:翻訳会社が求める高品質の翻訳とは(通算第n回)
第n回 【受付中】
開催日 yyyy年mm月dd日(木) 研究会:14:00〜16:40 懇親会:17:30〜19:30[希望者のみ]
会場 学校法人明治薬科大学「剛堂会館ビル」 東京都千代田区紀尾井町3-27  TEL:03-3234-7362
テーマ 「半歩抜きんでた医薬翻訳者になるために:リピートオーダーをめざして」(通算133回)
講演者 石原 文子(いしはら・ふみこ)氏 医薬翻訳者
略歴 明治薬科大学大学院修士課程修了。
臨床検査薬メーカーの学術部、後に国際事業部にて勤務。
輸入薬、輸出薬のマニュアル作成、米国病理学会の定期刊行物の翻訳などに従事した後に、出産退職。
その後、通信教育にて正式に翻訳を学び、1989年よりフリー翻訳者として医薬分野にて翻訳業務を開始。
1999年から2004年まで、フェローアカデミー通信教育講座マスターコースにて「メディカルI」の講師を担当。
訳書に「21世紀の処方箋」(扶桑社)がある。
(社)日本翻訳連盟会員。
概要

【概 要】
翻訳需要が比較的安定していると言われる医薬翻訳分野でも、常に仕事を受注し続けるためには、それなりのポイントがあり、そのための努力も必要となってくる。理系・文系を問わず、これから医薬翻訳者を目指す方には、医薬翻訳者として仕事を得るためのアドバイスを行い、また、医薬翻訳者として業務を開始して日の浅い方には、安定して仕事を受注し続けるためのポイントについて、経験と実践を踏まえた上でご紹介したい。医薬翻訳者として「あるべき姿」はどのようなものなのだろうかということについても、考察する予定である。

◎なぜ「翻訳」なのか? 翻訳に求められる5W1H
◎ 医薬翻訳で必要とされるもの
◎ 好まれる翻訳者とは?
◎ 理系出身翻訳者、文系出身翻訳者のそれぞれの長所と短所
◎ 翻訳者への道〜トライアル受験のコツ:自らの経験から
◎ 日々の生活の中で翻訳力をアップするために
◎ 継続受注のための心構え
◎ こういうときには、どう訳す? 〜課題文による実践的訳出法


【対象】
○これから医薬翻訳者を目指す方(フリーランス・社内)
○医薬分野で業務を開始して日の浅い方
○医薬翻訳分野で継続的な受注を目指す方

【懇親会のご案内】※希望者のみ
◎ 講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。
時間:17:30〜19:30
会場:「藩 麹町店」
http://r.gnavi.co.jp/g249207/
懇親会会費:4,500円(当日現金支払い・領収書発行)
※研究会終了後、スタッフが会場まで誘導致します。

予約 ⇒お申込みはこちら
第n回 【受付中】
開催日 yyyy年mm月dd日(木) 研究会:14:00〜16:40 懇親会:17:30〜19:30[希望者のみ]
会場 学校法人明治薬科大学「剛堂会館ビル」 東京都千代田区紀尾井町3-27  TEL:03-3234-7362
テーマ 「半歩抜きんでた医薬翻訳者になるために:リピートオーダーをめざして」(通算133回)
講演者 石原 文子(いしはら・ふみこ)氏 医薬翻訳者
略歴 明治薬科大学大学院修士課程修了。
臨床検査薬メーカーの学術部、後に国際事業部にて勤務。
輸入薬、輸出薬のマニュアル作成、米国病理学会の定期刊行物の翻訳などに従事した後に、出産退職。
その後、通信教育にて正式に翻訳を学び、1989年よりフリー翻訳者として医薬分野にて翻訳業務を開始。
1999年から2004年まで、フェローアカデミー通信教育講座マスターコースにて「メディカルI」の講師を担当。
訳書に「21世紀の処方箋」(扶桑社)がある。
(社)日本翻訳連盟会員。
概要

【概 要】
翻訳需要が比較的安定していると言われる医薬翻訳分野でも、常に仕事を受注し続けるためには、それなりのポイントがあり、そのための努力も必要となってくる。理系・文系を問わず、これから医薬翻訳者を目指す方には、医薬翻訳者として仕事を得るためのアドバイスを行い、また、医薬翻訳者として業務を開始して日の浅い方には、安定して仕事を受注し続けるためのポイントについて、経験と実践を踏まえた上でご紹介したい。医薬翻訳者として「あるべき姿」はどのようなものなのだろうかということについても、考察する予定である。

◎なぜ「翻訳」なのか? 翻訳に求められる5W1H
◎ 医薬翻訳で必要とされるもの
◎ 好まれる翻訳者とは?
◎ 理系出身翻訳者、文系出身翻訳者のそれぞれの長所と短所
◎ 翻訳者への道〜トライアル受験のコツ:自らの経験から
◎ 日々の生活の中で翻訳力をアップするために
◎ 継続受注のための心構え
◎ こういうときには、どう訳す? 〜課題文による実践的訳出法


【対象】
○これから医薬翻訳者を目指す方(フリーランス・社内)
○医薬分野で業務を開始して日の浅い方
○医薬翻訳分野で継続的な受注を目指す方

【懇親会のご案内】※希望者のみ
◎ 講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。
時間:17:30〜19:30
会場:「藩 麹町店」
http://r.gnavi.co.jp/g249207/
懇親会会費:4,500円(当日現金支払い・領収書発行)
※研究会終了後、スタッフが会場まで誘導致します。

予約 ⇒お申込みはこちら

ページトップへ