本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

翻訳支援ツール

現在、日本で市販されている翻訳支援ツールは100種類以上あると言われています。翻訳支援ツールは、広い意味ではCD辞書からパソコンまで含まれますが、ここでは以下の3つに分けて各ソフトウェアをご紹介します。

(1)翻訳メモリ(TM)
(2)機械翻訳ソフト(MT)
(3)校正・辞書ツール

翻訳支援ツール説明会(東京) これまでの活動報告

| 一覧リストへ戻る |

2017年の翻訳支援ツール説明会報告 【2017年 第1回】

第1回
開催日 2017年8月21日 説明会:14:00 〜 16:40 交流会: 17:00 〜 18:00 [希望者のみ]
テーマ 共通テーマ:「クラウドを活用したコミュニティ翻訳」
第一部:「大学向けオープンソースソフトウェアの翻訳に適用する共通翻訳メモリの開発と実践」
第二部:「Transifexを利用したコミュニティ翻訳 〜オンライン翻訳ツールを活用した翻訳ワークフローの自動化〜」
講演者 ●常盤 祐司(トキワ ユウジ)氏
●出口 大輔(デグチ ダイスケ)氏
概要 【概 要】
第一部 (担当 法政大学 常盤祐司)

最近の傾向として,国内の大学では教育用にSakai CLE, Moodleなどのオープンソースソフトウェア(OSS)が多数導入されるようになってきています.しかしながら,それらのソフトウェアを開発するコミュニティでは,それぞれ独自の国際化および日本語化を行っているという現状が有り,同一の語に対して異なる翻訳がなされていることが多く見られます.今後,多くの大学で複数のソフトウェアを連携してIT環境を構築することが予想されており,すべてのシステムで一貫した翻訳を実現することが重要な課題となっています.この課題に対する解決策のひとつとして,文章単位の辞書ともいえる翻訳メモリ (TMX; Translation Memory eXchange) を使った翻訳の開発を行ってきました.本講演では,大学向けのオープンソースソフトウェアで使われる用語を統一するために開発した共通翻訳メモリについて詳しく紹介するとともに,各国の翻訳チームとの連携を通したコミュニティ翻訳プロセスについて紹介します.


説明のポイント:
◎ OSS翻訳の課題
◎ 大学向け共通翻訳メモリによる一貫性の追求
◎ OSS翻訳環境の構築と国際コミュニティへの展開

第二部 (担当 名古屋大学 出口大輔)

クラウドを活用したオンライン翻訳支援ツールの登場により,複数の翻訳者がコラボレーションしながら翻訳を進める新しいプラットフォームが実現されつつあります.また,ソフトウェア開発と翻訳を同時並行で進めるような取り組みについても,このプラットフォームを利用して実践されるようになってきました.特に,オープンソースソフトウェアの開発においては複数の翻訳者がボランティアとして参加することから,複数人が同時に翻訳作業を進めることのできるコミュニティ翻訳機能,さらには日々の開発に沿って翻訳も行える開発と翻訳のワークフロー自動化,という点で大きな役割を担っています.本講演では,これらのコミュニティ翻訳と翻訳ワークフローの自動化に焦点を当て,それらを実現するオンライン翻訳支援ツール「Transifex」を中心に詳しくクラウドを活用した翻訳の今を紹介します.


説明のポイント:
◎ オンライン翻訳ツール「Transifex」の紹介
◎ Transifexを利用したコミュニティ翻訳
◎ 翻訳ワークフローの自動化


【対象】
○翻訳者の方
○国際化対応するソフトウェア開発者の方

※法人参加者は、1社につき2名様までとさせていただきます。

【交流会[お茶会]のご案内】※希望者のみ
説明会終了後にプレゼンターを交えて交流会を開催します。プレゼンター、受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:00〜18:00
会場:ベルマーレカフェ(予定)
費用:注文したドリンク代のみ
※説明会終了後、スタッフが会場までご案内致します。

【申込期限】2017年8月16日(水)
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

※一時お申込みフォームおよび申込後の自動返信メールに「2016年度第2回」と表示されていましたが正しくは「2017年度第1回」となります。現在は修正されております。

【企画運営】
JTF翻訳支援ツール委員会

【講師略歴】
●常盤 祐司(トキワ ユウジ)氏

1978年慶應義塾大学工学部修士課程修了.同年石川島播磨重工業入社.1984年日本アイ・ビー・エム株式会社入社.2005年11月より,法政大学 情報メディア教育研究センター教授.大学における教育・研究・事務・経営システムの構築に従事.情報処理学会,教育システム情報学会,IEEE会員.


●出口 大輔(デグチ ダイスケ)氏

2001年名大・工・情報卒.2006同大大学院情報科学研究科博士後期課程修了.博士(情報科学).2004年〜2006年まで日本学術振興会特別研究員.2006年より名大大学院工学研究科研究員,2008年より同大大学院情報科学研究科助教,2012年より同大情報連携統括本部情報戦略室准教授.主に画像処理・パターン認識技術の開発とそのITSおよび医用応用に関する研究に従事.電子情報通信学会,IEEE各会員.

2017年度第1回翻訳支援ツール説明会報告





一覧へ戻る|

ページトップへ