本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

翻訳支援ツール

翻訳支援ツール説明会翻訳メモリ(TM)機械翻訳ソフト(MT)校正・辞書ツール

校正・辞書ツールとは?

校正ツールとは、翻訳原稿に対して、誤字・脱字、表記ゆれなど、用字、用語、表記、表現の不備がないかをチェックするツール。辞書ツールとは、英和辞書などをパソコン上で簡単に検索できるようにするもの。広義には、自分専用の辞書を作成、管理、検索するためのツールも含む。校正ツールは、訳文原稿の仕上がりを高めるための道具、辞書ツールは、原文原稿の理解を高めるための道具と言える。

校正ツールとして最も身近なものは、「Microsoft Word」に付属しているスペルチェッカー機能。Word には日本語の校正機能も付いているが、和訳原稿の校正についてはジャストシステム社の日本語校正ソフトウェア、「Just Right!」が翻訳業界でも広く使われている。最近では、企業固有の表記ルール集(用字、用語、表記、表現のルールをまとめたもの。スタイルガイドとも言う)に準拠して原稿の文章が組み立てられているかをチェックするツールも登場してきている。これの代表例としては「acrolinx IQ」というシステム製品がある。

辞書ツールと言ってまず思いつくのは、いわゆる CD-ROM 辞書。分厚い辞書をかたわらに置き、ページをめくりながら辞書引きするのは、もう昔のこと。いまでは、パソコンで読み込んで辞書引き検索できる CD-ROM/DVD-ROM 版の辞書が広く市販され、活用されている。複数の CD-ROM/DVD-ROM 辞書をまとめて串刺し検索するときには、DDWin というシェアウェアも使われる。

辞書に類似したものとして、産業翻訳の世界では、「対訳用語集」なるものが客先から支給されることがある。単に「用語集」と略されることもあるが、翻訳時に使用すべき用語が原文と訳文の対で登録されているもの。用語集とは、辞書とは異なり、原文の意味がわからなかったら引くものではなく、訳文原稿で使用すべき用語がリストアップされているものであることに注意。用語集は、多くの場合、Excel のリストとして管理され、提供されるが、最近では、翻訳メモリのツールやシステムの一部として提供され、翻訳中に用語集との自動照合を行ってくれるものもある。

ページトップへ