本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTF翻訳セミナー(東京) JTF関西セミナー(大阪)

翻訳セミナー情報 JTF翻訳セミナー(東京) セミナー受講ご希望の皆様へ

Archive(年度別) 

2017年のJTF翻訳セミナー活動報告

第3回
開催日 2017年10月13日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ それぞれの翻訳品質 〜発注企業、翻訳会社、翻訳者の視点から〜
講演者 ●上田 有佳子(ウエダ ユカコ)
ネットアップ株式会社 グローバリゼーション チーム リード


●高橋 聡(タカハシ アキラ)
個人翻訳者、JTF理事


●西野 竜太郎(ニシノ リュウタロウ)
合同会社グローバリゼーションデザイン研究所 代表社員、JTF理事


●森口 功造(モリグチ コウゾウ)
株式会社川村インターナショナル 常務取締役

概要 【概 要】

 実務翻訳において「品質」が何であるかについてはさまざまな意見がある。近年欧米では「仕様を満たす程度」だという考え方が広まりつつある(例:ASTM F2575、MQM)。仕様とは、発注企業、翻訳会社、翻訳者といった関係者間で合意した内容や要件を指す。

 セミナーの第1部では、翻訳品質に関する業界動向を取り上げる。今年から議論が始まったISO 21999、JTFで検討している翻訳品質ガイドライン、さらに「仕様」に基づく考え方を紹介する。

 第2部では、まず発注企業、翻訳会社、翻訳者という3者の代表から品質に関する考え方を発表してもらう。次に、会場からの意見も受けつつパネル・ディスカッションを実施する。今回はIT分野を中心に議論するが、他分野であっても参考になると考える。

 仕様の作成には関係者間の合意が欠かせない。そのため業界の3者が集まり、互いに何を考えているかを議論して理解を深められれば、合意形成の円滑化が期待できるだろう。



【講演のポイント】
◎発注企業、翻訳会社、翻訳者が考える翻訳品質とは
◎取引相手に期待すること
◎品質向上に向けた実践内容
◎機械翻訳と品質レベル
◎コスト/価格と品質レベル
◎翻訳の「仕様」とは
◎ISO 21999と関連情報
◎JTF翻訳品質ガイドライン

【受講対象者】
◎翻訳会社の方
◎フリーランス翻訳者の方
◎翻訳発注企業の方

【定 員】
150名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:15〜19:30
会場:「藩麹町店」
懇親会会費:4,500円(税込)
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前にお振込みください(当日支払は不可)。
※本セミナーはDVDでの映像販売を行いません。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※セミナー終了後、スタッフが会場までご案内致します。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2017年10月10日(火)18時まで

詳細 → 詳細はこちら
第2回
開催日 2017年8月3日 14:00 〜 16:00 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 医薬翻訳セミナー 〜正確に読み、訳すためのヒント〜 (事前課題あり!)
講演者 森口 理恵(モリグチ・リエ)氏
R&Aメディカル 代表
概要 【概 要】
医薬翻訳で重要なのは、原文を正確に読み解き、著者の言いたいことを理解し、適切な表現で訳すこと。インターネット検索で得られる情報は、読解や表現研究のヒントになるとはいわれるが、うまく調べられない方も多いのでは? セミナーでは、英語論文の一部を題材に翻訳のプロセスを説明し、ネット検索の実例や訳語選択のコツを提示しながらどうすれば良い訳が作れるかを考えていく。
セミナーで使う原文は事前課題としてお届けするので、ぜひ挑戦していただきたい。事前に提出していただいた訳文には、簡単なレベルチェック(A-Eの評定のみ行う)をして当日返却する。事前課題の提出は必須ではないが、ぜひ目を通してから出席してほしい。また当日は資料整理法、翻訳支援ツールの活用法などにも触れ、効率を高める技術についても考える。

◎事前課題について◎
今回の翻訳セミナーでは、講師の森口様より事前課題が出題されております。
ご回答を2017年7月14日(金)17時までにご提出いただいた方へ、セミナー当日森口様が回答にレベルチェック(A-Eの評定のみ行う)をしたものを返却いたします。
課題文および提出方法については以下のファイル(PDF)をご確認ください。

◯課題文

※課題文の回答の受付は7月14日(金)17時を以て終了いたしました。
※課題文をご提出されない場合でもセミナー聴講は可能です。奮ってご参加ください。

【講演のポイント】
◎出題者の意図を考えてみよう
◎まずは英語をしっかり読む
◎英英辞書を使おう
◎ヒントは原文と参考文献にある
◎専門領域の「常識」をネット検索で把握する
◎日本語での情報伝達法を研究する
◎翻訳支援ツールを活用しよう
◎資料整理の達人になろう

【受講対象者】
◎翻訳者の方
◎翻訳会社の方

【定 員】
150名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:15〜19:30
会場:「藩麹町店」
懇親会会費:4,500円(税込)
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください(当日支払は不可)。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※セミナー終了後、スタッフが会場までご案内致します。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2017年7月31日(月)18時まで

詳細 → 詳細はこちら
第1回
開催日 2017年6月28日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 翻訳コーディネータの今と未来を考える 〜書を捨てよ、麹町に出よう〜
講演者 ●成田 崇宏(ナリタ タカヒロ)
株式会社ホンヤク社 PM/QC/VM/TEセンター 統括部長

●澤村 雅以(サワムラ マイ)
SDLジャパン株式会社 RVP PMO APAC

●田中 美智子(タナカ ミチコ)
株式会社 翻訳センター 工業・ローカライゼーション営業部 名古屋オフィス マネージャ

●千葉 容子(チバ ヨウコ)
株式会社 十印 プロダクション本部 マネージャー

概要 【概 要】

情報化、グローバル化、サービスのワンストップ化や多様化、価格下落化、スピード化など、翻訳会社を取り巻く環境が劇的に変化している中で、翻訳コーディネータ(プロジェクトマネージャーを含む)の仕事内容や要件、さらに社内業務体制も変化を余儀なくされている。加えて、昨今ではCATツールやQAツールはさることながら、CMS、TMS、機械翻訳などの技術進歩がすさまじく、このままでは近い将来に翻訳コーディネータはAIに取って代わられてしまうかもしれない。
本セミナーでは、実際に翻訳・ローカライズ・制作業務の現場担当者が集い、このかつてない変化の中で、翻訳コーディネータに現在および将来必要とされる能力、スキル、専門知識、マネジメント力、コミュニケーション能力などについて話し合うことで、コーディネータに未来はあるのか、また、長く活躍するコーディネータ像とはどのようなものかを会場全体で考えていきたい。


【講演のポイント】
◎「コーディネータ」の定義(各社における体制や仕事内容比較)
◎コーディネータに従来求められてきたもの
◎翻訳会社を取り巻く変化
◎コーディネータの仕事内容の変化
◎現在コーディネータを取り巻く問題
◎今後コーディネータに求められるものとは
◎機械に負けないコーディネータを育てるには

【受講対象者】
◎現役の翻訳コーディネータ、プロジェクトマネージャー、制作関係者の方
◎翻訳・ローカライズ、制作会社の管理職や経営者の方
◎コーディネータについて知りたい翻訳者・エンドクライアントの方

コーディネータ、PM、制作関係者の方大歓迎!

【定 員】
150名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:15〜19:30
会場:「藩麹町店」
懇親会会費:4,500円(税込)
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください(当日支払は不可)。
※本セミナーはDVDでの映像販売を行いません。 ※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※セミナー終了後、スタッフが会場までご案内致します。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2017年6月23日(金)18時まで

詳細 → 詳細はこちら

Archive(年度別) 

ページトップへ