本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTF翻訳セミナー(東京) JTF関西セミナー(大阪)

翻訳セミナー情報 JTF翻訳セミナー(東京) セミナー受講ご希望の皆様へ

Archive(年度別) 

2012年のJTF翻訳セミナー活動報告

第8回
開催日 2013年3月14日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「メディカル翻訳:戦略的パートナーシップへの挑戦!クライアント&シニアPMが伝える勝ち残り戦術」
講演者 ●小野田 哲也(おのだ・てつや)氏
 大塚製薬株式会社 新薬開発本部 開発部 科学文書室 顧問


●坂本 奈央(さかもと・なお)氏
 株式会社アスカコーポレーション シニアプロジェクトマネージャー
概要 【概 要】
<第一部 小野田氏(90分)>
新薬のグローバル開発が激化する医薬品産業界においては、医薬翻訳業務の重要性は益々高まっている。一方で、クライアント、翻訳会社、翻訳者が直面している3つの重要課題がある。1)欧米アジアの親会社・子会社とのリアルタイムでの情報共有のための短納期化、2)大量の翻訳発注コスト削減のための低価格化、そして3)人的リソースの制限などから納品後のチェックなしでの翻訳成果物の使用を求めた高品質化である。これらに対応するためには、3者それぞれの意識改革および新たな連携・協働体制の構築が必要である。本セミナーでは、「戦略的パートナーシップへの挑戦!クライアント&シニアPMが伝える勝ち残り戦術」について解説する。

講演のポイント
◎ 変動する製薬業界と医薬翻訳業務
◎ 治験および申請関連文書を知るべし
◎ 製薬企業・翻訳会社・翻訳者間の新たな連携・協働体制
◎ ベストパートナーたる翻訳会社
◎ 指名したい翻訳者

<第二部 坂本氏(45分)>
臨床試験がグローバル規模で行われ、申請までの期間をいかに短縮するかが求められる製薬業界において、医薬翻訳会社も対象となる翻訳文書をスピーディーかつミスなく仕上げることが必須となっている。
そんな中、私たち翻訳会社が何に苦労し、どう取り組んでいるかをご紹介する。

講演のポイント:
◎ 製薬業界の変動に合わせたプロセス
◎ どう知識をつける?
◎ 協働体制の中でのPM視点での心がけ
◎ チームの一員としたい翻訳者とは

【対象】
○翻訳者の方
○翻訳会社の方
○製薬会社の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第7回
開催日 2013年2月27日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「契約書翻訳の魅力と生き残れる翻訳者とは」
講演者 飯泉 恵美子(いいずみ・えみこ)氏
有限会社ジェックス 代表取締役
概要 【概 要】
法律翻訳、特に契約書の場合は、法律専門の翻訳者だけが扱うわけではなく、ローカライズ、金融、経済といったあらゆる分野とも切り離しにくい。契約書翻訳とはどのような場面で必要とされ、実際にどんな内容が扱われるものであるのかといったことから、その面白さ、難しさについて解説する。今回は、契約書からいくつかの条項をテキストに使用し、現場で求められている翻訳のレベルや専門性、品質を判断するためのチェックポイントなど、ネット上ですぐ手に入る雛形や日本法令外国語訳データベースシステムを利用するだけでは、必ずしもクオリティが高い翻訳にはならないということを説明したい。イカロス出版『通訳翻訳ジャーナル』編集部の協力により、現在連載中の「産業翻訳者のための契約書の翻訳ドリル」(1号分)を交えながら紹介する。

講演のポイント:
◎ 契約書翻訳とは
◎ 契約書翻訳の需要と将来的な動向
◎ 課題文
  ⇒課題文はこちらからダウンロードできます(PDF)
◎ 何を基準にして表現を決定するか
◎ 訳語の変化を追う
◎ 雛形や日本法令外国語データベースシステムがあれば契約書を翻訳できるのか
◎ 生き残れる翻訳者になるために

【対象】
○リーガル分野に従事している翻訳者の方
○翻訳会社の方
○翻訳発注担当者の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第6回
開催日 2013年1月10日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「翻訳に活かすライティング手法」
講演者 ●川月 現大(かわつき・げんだい)氏
 編集者、有限会社風工舎 代表

●中村 哲三(なかむら・てつぞう)氏
 株式会社エレクトロスイスジャパン、テクニカルコミュニケーター、東洋大学 非常勤講師
概要 【概 要】
<第一部 川月氏>
「リピートされる翻訳者になるための日本語ライティング」

概要:
英文読解力は日々の鍛錬で向上していくが、日々使っているはずの日本語はそうはいかない。翻訳者自らが日本語ライティング能力を向上させるには何をすべ きか。編集現場での実例を挙げながら、単なるスタイルガイド準拠にとどまらない、良い文章を書くためのコツを紹介する。

講演のポイント:
◎ リピートされる翻訳者とは
◎ 嫌われる翻訳文はどのようなものか
◎ 後工程を考慮した翻訳にするには
◎ 日本語運用能力を向上させる方法
◎ 参考文献紹介

<第二部 中村氏>
「信頼される翻訳者になるための英文ライティング」

概要:
翻訳に際しては、翻訳対象のビッグピクチャーを心に描きながら、文章を書くための 基準や個々のライティングルールを効果的に使い分け、具体的に作業を進めていくことが求められる。さらに、企業のグローバル化に対応するために、ローカリゼーションに効果的な翻訳をする必要がある。この講座では、翻訳者に求められる上記の要素を身につけるためのポイントを説明する。

講演のポイント:
◎ 文章を書くための3つの基準を理解し、徹底する
◎ 効果的なライティングルールを身につける―ルールとスタイルガイド
◎ 学際的な視点を身につけ、活用する
◎ 書いた文章の可読性をチェックする
◎ ローカリゼーションを効率化する文章を書く

【対象】※初級〜中級レベル向け
○日本語、英語のライティング力を高めたい翻訳者の方
○社内翻訳者の方
○チェッカーの方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第5回
開催日 2012年12月18日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「多様化するゲーム翻訳 − ローカライズ黎明期の到来」
講演者 柴山 正治(しばやま・まさはる / Wehner Marcus)氏
株式会社スクウェア・エニックス ローカライズ部 シニアトランスレーター
概要 【概 要】
スマートフォン等の普及により多様化するゲーム端末、そしてDLC(ダウンロードコンテンツ)やSNS(ソーシャルネットワークサービス)の参入により多角化するビジネスモデルがゲーム開発に大きな変革をもたらしている中、ゲーム翻訳並びにローカリゼーション産業もまた新たな局面を迎えている。本講演では、これまでさほど注目されてこなかったゲーム翻訳の特徴に着眼し、翻訳現場の作業を紹介しながら多言語開発に於ける課題と問題点を翻訳者観点から説明する。過去事例を取り上げながら推敲を重ねてきたローカリゼーション産業の今を的確に捉え、日本から発信されるデジタルコンテンツとそれらを販売地域に向けて現地化する仕事の魅力をお伝えする。

講演のポイント:
◎ ローカリゼーションと翻訳の違い
◎ 付加価値を創出する海外版制作 – 個性VS無個性
◎ ゲームを翻訳すること
◎ 日本語から翻訳する困難さ
◎ コピペを駆使せよ!
◎ 品質VSスケジュール
◎ CATを使いたくないワケ
◎ 市場の格差 − 欧州翻訳のジレンマ
◎ 個人翻訳者また翻訳会社としてゲーム会社と付き合っていく

【対象】
○ゲーム翻訳を扱っている翻訳会社の社員および経営者の方
○ゲーム翻訳に関心のある個人翻訳者の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第4回
開催日 2012年10月11日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「ネイティブにわかりやすい経済金融時事翻訳とは」
講演者 竹内 猛(たけうち・たけし)氏
経済・金融翻訳者
概要 【概 要】
グローバル化はメディアの現場にも押し寄せている。日本でも、日本語側の通信、新聞社が自社の日本語記事をベースとした翻訳記事を世界に向け発信し、欧米メディアも自社の英語記事をベースにした日本語記事を電子メディアに載せて日本人読者向けのサービスを展開している。しかし、こうした記事の多くとはいわずとも少なからずの数が、母国語の読者にはわからないことはないものの読みづらい記事となりがちなのが現状だ。この原因は記事構成のスタイルの違いや翻訳者本人の読解、表現力不足などさまざまだ。
今回の講演では、日英双方のメディアで記者経験を持ち、現在は日英、英日双方の経済・金融記事翻訳をフリーランスで行っている竹内氏が、日英双方のネイティブにとってわかりやすい翻訳とは何かを経験をもとに考察する。
対象は、経済金融分野の翻訳者とその発注者。

講演のポイント:
◎ 日英記事スタイルはこうも違う
◎ 正確な読解の基本はやはり文法力
◎ 分かりやすい文章を書くために必要な話し言葉の習熟
◎ 経済、金融の知識はどの程度必要か
◎ 経済金融メディア翻訳と経済金融実務翻訳の違い
◎ メディア現場の翻訳で求められるもの

【対象】
○経済・金融分野の翻訳者の方(初級〜中級)
○翻訳会社の方
○翻訳発注担当者の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第3回
開催日 2012年9月13日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「翻訳者・翻訳会社がSNSを活用して仕事を獲得する方法」
講演者 ●清水 憲二(しみず・けんじ)氏
 英日翻訳者

●水科 哲哉(みずしな・てつや)氏
 合資会社アンフィニジャパン・プロジェクト 代表社員
概要 【概 要】
最近はソーシャルメディア(SNS)という言葉を一般のニュースでも普通に耳にするようになった。「無名の個人や小規模な翻訳会社が自ら情報を発信する術を手に入れた」ことは多くの人が考えている以上に画期的なことだ。清水氏は翻訳業界に参入する際、積極的にTwitterやブログなどを活用、現在受けている仕事の9割以上がSNSきっかけで取引が始まっている。一方、水科氏は「顔が見える」実名制SNSのFacebookを早くから活用。当初の利用目的は、海外のコンテンツホルダーとの「顔つなぎ」だったが、現在は翻訳会社としての自社PRに加え、翻訳者のスカウトや潜在顧客の掘り起こし、果ては異業種交流会の広報ツールとして、Facebookを積極利用している。
この講座ではSNSをあまり利用していない方、使ってはいるがいまひとつ利用法が分からないという方を対象に、翻訳者・翻訳会社としてどう活用していけるのかをお伝えする。

講演のポイント:
第一部 清水氏
◎ フリーランス翻訳者に必要な2大スキルとは?
◎ 考えるべき質問:実力があれば仕事は来るのか?
◎ フリーランサーが仕事を得るための主な3つの方法
◎ ツイッターと、フェイスブック&リンクトインの違い
◎ 具体的にツイッターとブログで何をやったのか?

第二部 水科氏
◎ 経営者自らが"広告塔"になると共に、情報武装を進めよう
◎ 社内・社外の人間関係をマッピングしてみる
◎ 実名SNSならではの人材スカウト&潜在顧客の掘り起こし
◎ 業務連絡と情報共有も、SNSで円滑に
◎ 実名SNSを起点に、リアルな交流に発展させる

【対象】
○SNSを活用して受注を増やしたい個人翻訳者の方
○翻訳会社のHP担当者・経営幹部の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第2回
開催日 2012年7月12日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「徹底解剖!中国語翻訳の世界 〜ニーズ、品質管理、スキル向上の秘策〜」
講演者 ●王 建明(わん・ちぇんみん)氏
 上海育成通訳センター 校長

●大羽 りん(おおば・りん)氏
 株式会社シー・コミュニケーションズ 代表取締役
概要 【概 要】
13億の人口を抱え、経済が急成長し、各分野での国際交流が絶えず拡大しつつある中国では、中日のみならず、多言語間の翻訳や通訳の需要が多く存在している。一方、それぞれの分野に精通する語学人材を必要とし、人材の養成及び人材の確保、品質管理、マナーやモラルの遵守、商習慣の指導等でまだまだ未整備で課題が多いのが現状である。中国語ニーズが高まるなか、クライアントに満足してもらえる翻訳は、どういったものなのか。クライアント満足度を高めるために、翻訳会社、そして翻訳者たちは何ができるのか。
今回は、上海で翻訳・通訳会社を経営している王氏と『中国語ジャーナル』(アルク刊)の「どんどん話せる ピラミッド式中国語トレーニング」でおなじみの大羽氏が中国翻訳・通訳業界の現状及び課題について語る。人材育成及び確保、中日間の提携、トライアル基準及び弱点克服のポイント、品質向上のための施策なども交えながら、クライアントのニーズに的確に応え、安定的に仕事を獲得していくためのポイントを紹介する。中国語翻訳者を目指している方、中日の翻訳市場や品質管理に関心のある翻訳会社の方は必聴のプログラム。

講演のポイント:
第一部 王氏
◎ 中国(上海)通訳・翻訳業界の現状
◎ 通訳者・翻訳者の特徴
◎ 通訳者・翻訳者の育成及び確保
◎ 通訳・翻訳業界での中日間提携の可能性

第二部 大羽氏
中国語翻訳者を目指す方向け:
◎ 中国語の翻訳者を目指そう(どんな現役翻訳者が活躍しているか?)
◎ 性格から見た翻訳の向き不向き(もう迷わない!「私は翻訳者に向いている」)
◎ 翻訳会社の翻訳者登録の際の審査基準(5つの審査基準を大公開!)
◎ 弱点克服(まず自分の強みと弱みを知ろう。そして克服のポイントも紹介)

翻訳会社の品質管理担当者の方へ:
<中国語ならではの品質管理>
◎ 新語の正しい訳語が決定するまでの経緯
◎ 台湾と大陸の中国語の微妙な違い
◎ 時制がない問題
◎ 人材による中国語の質の違い

<日本国内で対応するメリット>
◎ 社内チェックにより安定した品質の維持が可能
◎ 迅速な対応と素早いレスポンスが可能
◎ 膨大な単語リストを社内で蓄積。

【対象】
○中国語の翻訳者を目指している方
○翻訳会社の経営幹部や品質管理担当者の方
○翻訳発注企業の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第1回
開催日 2012年5月24日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「2秒×1000回=30分のなぞ 〜翻訳業務でのWordマクロ活用とWordのチューニング方法〜」
講演者 新田 順也(にった・じゅんや)氏
エヌ・アイ・ティー株式会社 代表取締役/
ワードマクロ研究所 代表
概要 【概 要】
「うわっ。こんなことができるの!」、「早く仕事で使ってみたい!」、「思ったよりも簡単!」。Wordマクロを全く知らない方々のセミナー受講後の感想である。使いづらい(と言われている)Wordも、チューニング次第で便利な翻訳マシンに早変わり。翻訳の速度・品質を高める方法はまだまだある!
本セミナーでは、翻訳現場(翻訳者、翻訳会社、社内翻訳部門)でのWordマクロの活用事例を紹介する。例として、調べもの、納品メモの作成、訳語の抜けのチェック、書式チェック、対訳表の作成などの作業を支援するマクロを取り上げる。
【受講者特典】
人気の高い数十種類のマクロをパッケージしたソフトウェア(Word 2003〜2010対応)をセミナー受講者全員にプレゼント!
他の翻訳支援ソフトと組み合わせて使うことも可能である。パソコンにインストールするだけで使えるので、実務でご活用いただきたい。

講演のポイント:
◎ Wordマクロとは?
◎ 「2秒×1000回=30分」のなぞ
◎ Wordをチューニングする楽しみを!!
◎ 翻訳作業もゲーム感覚でスピードアップ(アイテム・技を増やす喜び)
◎ Wordマクロ活用の事例紹介(翻訳者、翻訳会社、特許事務所)
◎ Wordを上書き翻訳マシンとして徹底チューニング
◎ マクロのインストール方法と使い方
◎ 私たちの知恵と経験が、翻訳業界の共有の資産になるとき

【対 象】
○翻訳者の方
○翻訳会社の方
○翻訳発注企業の担当者の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで在宅受講できます
詳細 → 詳細はこちら

Archive(年度別) 

ページトップへ