本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTF翻訳セミナー(東京) JTF関西セミナー(大阪)

翻訳セミナー情報 JTF翻訳セミナー(東京) セミナー受講ご希望の皆様へ

Archive(年度別) 

2010年のJTF翻訳セミナー活動報告

第10回
開催日 2011年3月10日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「ネイティブ校正者から見た『洗練された翻訳原稿』を納品するポイント」
講演者 ジャネット・カドラス(Janet Quadras)氏
カクタス・コミュニケーションズ株式会社 英文校正者
概要 【概 要】
翻訳ビジネスで成功するための最善手段は、高品質なサービスを継続的に提供し顧客を満足させることである。本研究会では、英文チェック専門家の目線からどのように和文英訳された文書を、翻訳者自身が磨き上げるかのアドバイスを行う。
(以下トピック一覧)
1、英文ライティング時の決まりごと
2、定冠詞、不定冠詞の使い方
3、数字や単位の表記方法
4、文章表現統一性の重要さ
5、文法・句読点・スペルなどの簡易チェック方法
また上記以外に日本人が使う、欧米文化で誤って解釈される可能性のある語彙・語法についても言及する。講義は具体例を交えながら展開し、参加者からの具体的なライティングに関する質問などについても積極的に受け付ける。
(英語による講義となるが、通訳によるサポートもあり)

講演のポイント:
◎どのように原稿全体を統一していくか
◎MSワードツールの有効活用方法
◎あまり知られていないライティングの決まりごと
◎より洗練された英文にするには
◎英数字や単位の表記方法
◎効果的なスペルチェック
◎日本人にありがちな間違いとは

【対 象】
○在宅チェッカーの方
○日英翻訳者の方
○翻訳会社の方(品質管理部門・チェッカーの方)

⇒本セミナーの講演は、DVDで受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第9回
開催日 2011年2月8日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「ヤンマーのマニュアル翻訳者が語る、翻訳の実情と翻訳者の役割」
講演者 牧野 一成(まきの・かずなり)氏
ヤンマーテクニカルサービス株式会社 社内翻訳者
概要 【概 要】
メーカーのドキュメント制作部門に於ける社内翻訳者の仕事は、マニュアル翻訳だけに限らず、翻訳データベースの構築、用語集の管理、納品物のチェック、リライトから翻訳会社との交渉、多言語翻訳の発注、翻訳者のリクルートまで多岐にわたる。ひとりの「翻訳者」が「クライアント」としての役割も担うとき、翻訳業界に何を思うのか。翻訳支援ツールや機械翻訳の普及、XML化に伴うマニュアル翻訳の今後の動向を予測するとともに、どのような「翻訳会社」、「翻訳者」と長期的パートナーとして付き合って行きたいかを語りたい。また、社内翻訳者でしか経験できない翻訳業務の醍醐味(だいごみ)を紹介することで、あまり知られていないソースクライアントの翻訳に対する取り組みを理解いただければと思う。

講演のポイント:
◎広がりをみせる社内翻訳者の仕事と役割
 *本当の翻訳資産とは何か?
 *マニュアル翻訳の今後の動向
 *STE(シンプリファイド・テクニカル・イングリッシュ)による英文リライト
◎翻訳会社は発注兼務の社内翻訳者には注意せよ!
 *ソースクライアントに選ばれる翻訳会社とは?
◎フリーランス翻訳者との直接取引
 *長期的パートナーとしてのフリーランス翻訳者の可能性

【対 象】
○社内翻訳者の方
○フリーランス技術翻訳者の方
○翻訳会社の営業/コーディネーター/経営幹部の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第8回
開催日 2011年1月14日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「山本ゆうじの『翻訳速度平均時速650語の秘密(拡張版)』と翻訳道具箱スペシャル」
講演者 山本 ゆうじ(やまもと・ゆうじ)氏
秋桜舎 代表、言語・翻訳コンサルタント
概要 【概 要】
本講演では、効率と高品質を両立させる翻訳支援技術についてのさまざまなヒント、特に翻訳ソフト、ユーザー辞書共通仕様UTX、分かりやすい日本語表記ルール「実務日本語」を紹介する。翻訳祭で好評だった内容を大幅に拡張し、かつてないほど具体的な実例を示しつつ、実演をみっちり行う。また、十分な質疑時間で翻訳作業・翻訳支援に関わる日々の疑問を解消できる。プロ翻訳者向けの翻訳支援では、大量の翻訳を複数人数で並行して行い、厳密な用語および表記の管理が必要になる。統計翻訳は、後編集に時間と労力を費やすことが多い。一方、翻訳ソフトで主流のルールベース方式では、ユーザー辞書をカスタマイズして精度と効率を大きく改善できる。参加者は事前に『通訳翻訳ジャーナル』コラム「デジタル翻訳者の道具箱」http://goo.gl/6GVX3のオンライン記事(無料)を参照されたい。

講演のポイント:
◎翻訳現場と開発者・研究者の間の深遠なる溝――翻訳支援と概訳
◎なぜ日本語の翻訳支援用途では統計翻訳ではなくルールベース方式がよいのか
◎前編集・後編集という思い込み
◎翻訳ソフトの実例と実演
◎ユーザー辞書共通仕様UTX(実用的な用語形式)の紹介(詳細版)
◎実務日本語(分かりやすい日本語表記ルール)の紹介(詳細版)
◎「翻訳工学」に向けて
◎十分な質疑時間

【対 象】
○クライアント企業の方
○機械翻訳に興味のある翻訳会社・個人翻訳者の方
○機械翻訳研究者・開発者の方

⇒本セミナーの講演はDVDで受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第7回
開催日 2010年11月11日 14:00 〜 16:40
テーマ 「あなたも翻訳家になれる 〜出版翻訳家の仕事術〜」
講演者 枝廣 淳子(えだひろ・じゅんこ)氏
有限会社イーズ 代表取締役、出版翻訳家・環境ジャーナリスト
概要 【概 要】
出版翻訳家として独り立ちするにはどうしたらよいのだろう? 環境の分野での翻訳にはどのような特徴やノウハウがあるのだろうか? 『不都合な真実』をはじめ、これまで20冊以上の書籍を翻訳してきた経験をもとに、環境分野での翻訳や、出版翻訳をめざす上での大事なポイントをお伝えしたいと思う。また、翻訳者を育成する講座を何年にもわたって主宰してきた経験から、「伸びる翻訳者、伸びない翻訳者」の違いや、「翻訳力を伸ばし続けるためのトレーニング」についても、お話ししたい。

講演のポイント:
◎ 出版翻訳家になるためのルート
◎ 買ってもらえる翻訳とは
◎ 翻訳力をつける勉強法
◎ 正確さを鍛える
◎ 読みやすさを鍛える
◎ 翻訳を仕事にするために
◎ 環境の分野の翻訳とは
◎ ステージアップをめざして

【対 象】
○出版翻訳家を目指している方
○環境分野の翻訳者の方
○出版翻訳・環境分野を取り扱っている翻訳会社の方
詳細 → 詳細はこちら
第6回
開催日 2010年10月14日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「ウェブを活用した翻訳需要の開拓〜クラウド時代の翻訳ビジネスモデルを語る〜」
講演者 古谷 祐一(ふるや・ゆういち)氏
GMOスピード翻訳株式会社 常務取締役
概要 【概 要】
当連盟が2008年に発表した『第3回翻訳白書』では国内の翻訳市場規模は推定2,000億円、ここ数年で大きな成長率は見えない。一方、調査会社のCommon Sense Advisoryが発表した世界の言語サービス市場は2008年で142.5 億ドル、2013年には250億ドルに到達と予測。単純に比較しても、成長率の高いBRICsを中心とした諸外国は確実に産業が成長していることが伺える。市場規模が育たない場合、一般論で言えば、プロダクトライフサイクルの成熟期という考え方があるが、島国日本において翻訳産業に寿命があるとは考えにくい。観光立国の早期実現、中国人観光客の増加、ヤフーと淘宝(タオバオ)の提携によるグローバルマーケットプレイスの台頭など、今の国内の翻訳ビジネスに必要なのは既存市場の外側にいる潜在顧客のニーズに応えるビジネスモデルではないだろうか。
当セミナーでは、24時間365日ネット経由で『見積り〜納品』のプロセスを自動化、最短30分で納品を可能にしたスピード翻訳サービスを紹介しながら、クラウド時代の翻訳ビジネスモデルについて語る。また、同サービスで現在活躍中の翻訳者である印田知実氏をゲストに招き、ネット経由で自ら仕事を取りに行くことが可能な同社の翻訳プラットフォームについて、実際の案件や事例を紹介しながら説明する。

◎ 世界と日本の翻訳市場における現状について
◎ 人口縮小の国内で勝つためのKSF(キーサクセスファクター)とは?
  *ポジショニングマップから自社の優位性を検証する
  *GMOスピード翻訳のブルーオーシャン戦略
◎ 新しい需要を開拓するための2つの課題と戦略
  *既存マーケットの拡張=機密保持に関する課題
  *ウェブを活用した新規需要の開拓
◎ 24時間365日、ノンストップで翻訳を提供するスピード翻訳サービス
◎ GMOスピード翻訳が考える新しい翻訳ビジネスモデルと戦略
◎ 翻訳業界におけるスピード翻訳サービスの役割、ポジション
◎ 世界で起きているクラウドソーシング型翻訳サービスの実例
◎ 他業界に見るクラウドコンピューティングの実例
◎ クラウド時代に必要な翻訳サービスのビジネスモデルとは

【対 象】
○フリーランス翻訳者の方
○翻訳会社の経営幹部・営業の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第5回
開催日 2010年9月9日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「今、求められる映像翻訳者とは?」
講演者 水谷 美津夫(みずたに・みつお)氏
映像翻訳者
概要 【概 要】
ケーブルテレビの普及やブルーレイやDVDといった新しいメディアの発展によって新たな需要が生まれ、映像翻訳が注目を浴びている。この20年余り、映像翻訳そのものを教える翻訳学校は増えてきたが、歴史を踏まえて、日本の映像翻訳の現状やビジネスとしての映像翻訳の実情について知る機会は少ない。
そこで今回は、現役翻訳者として活躍中の水谷氏が映像翻訳の世界を知らない人にも分かるように、その歴史から現状、そして将来性について触れながら、求められる映像翻訳者像について語る。また具体的な実例を挙げて紹介し、映像翻訳と実務翻訳の違いについて分かりやすく説明する。

◎ 実務翻訳とエンターテイメント翻訳の違い
◎ 書籍のエンターテイメント翻訳と映像翻訳の違い
◎ 映像翻訳の特殊性(いわゆる字数制限やリップシンク)
◎ 日本における映像翻訳の歴史
◎ クライアントから望まれる翻訳者像とは?
◎ クライアンからの受注ルート(ソースクライアント:翻訳会社)
◎ 情報ツールの紹介
◎ 映像翻訳者の収入とは?
◎ 映像翻訳の今後や将来性について

【対 象】
○映像翻訳に興味のある方
○映像翻訳者の方(フリーランス・社内)
○映像分野への新規参入を検討中の翻訳会社の方
詳細 → 詳細はこちら
第4回
開催日 2010年8月5日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「特許翻訳における市場及び品質の問題点」
講演者 倉増 一(くらます・はじめ)氏
株式会社トランスプライム 代表取締役
概要 【概 要】
特許翻訳は基本的に受注産業である。原発注者から翻訳者までのルートは多岐に渡るが、翻訳者が発注主から受注する形態は変わりない。翻訳単価は長期低落傾向にあり、従来はコンピュータとインターネットの普及により単価切り下げを生産性の向上でカバーできたが、これは限界に近づいている。リーマンショック以来、フリーランス翻訳者は翻訳料の下落と翻訳受注量の低下のダブルパンチに見舞われている。また、特許出願件数もピークを過ぎており、将来の潜在的な翻訳需用のさらなる低下が見込まれる。
品質面では英日・日英翻訳とも翻訳者と原発注者とのコミュニケーションの難しさや翻訳文の評価の曖昧さのために、多くの誤訳・不適格訳が生み出されており、これらの特許が将来有効でなくなる危険性も秘めている。
これらの現況を踏まえ、将来の特許翻訳のあり方を追求する。

【対 象】
○特許翻訳者の方(フリーランス・社内)
○特許分野を取り扱う翻訳会社の方
○特許事務所の方、企業の知財部門の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第3回
開催日 2010年7月8日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「医薬翻訳の将来性と仕事受注のための方策」
講演者 今 栄子(こん・えいこ)氏
株式会社アイ・シー・オー 代表取締役
概要 【概 要】
事業の命運を左右するいくつかの要素のひとつに「仕入れ」がある。医薬翻訳業で言えば、「仕入れ」とは翻訳者あるいはメディカルライターを意味する。ICOでは、特に近年、優秀な翻訳者・メディカルライターを養成・確保することに力を傾注してきた。その成果を開示しつつ、いまだ未解決の問題点についても腹蔵なく参加者の方々に示して、安定的に翻訳・ライティング業務を受注する方策について提案する。

◎ なぜ、医薬翻訳はこれからますます需要が増大するのか?
◎ どうしたら医薬翻訳者になれるのか?
◎ 文系出身者が「売れっ子医薬翻訳者」に変身したいくつかの実例
◎ 医薬翻訳分野にあるガラ空きの陣地
◎ 医薬英語のノーハウは稼げる技術だ
◎ 医薬英語の習得による可能性は、医薬翻訳者だけではない
◎ 医薬英語習得から派生する全く新たな職種とは?

【対 象】
○医薬翻訳者を目指している方
○すでに実務翻訳者として活動しているが、医薬分野に移りたい、あるいは、医薬翻訳も取り扱いたいと考えている方
○医薬翻訳者として活動しているものの、仕事の受注量が少なくて悩んでいる方
○医薬分野への新規参入を検討中の翻訳会社の方
詳細 → 詳細はこちら
第2回
開催日 2010年6月10日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
テーマ 「元気の出るIT翻訳 〜負けないIT翻訳者をめざして〜」
講演者 高橋 聡(たかはし・あきら)氏
IT翻訳者、JTF標準スタイルガイド検討委員
概要 【概 要】
かつては、翻訳需要がほぼ無尽蔵であるとさえ言われ、実務翻訳の中でも常に注目分野だったIT翻訳業界も、最近はだいぶ元気がなくなっているように思われる。IT業界そのものの冷え込み、MLVの出現、機械翻訳の進化といった諸要因から、厳しい価格競争とパイの奪い合いが生まれ、翻訳会社はもちろんのこと、翻訳者個人の受注単価も、頭打ち状態から、ここ数年の経済状況でさらに下落方向へと向かっている。その一方で、翻訳支援ツールなどの普及から、翻訳者としての資質や立場そのものが問われることも多くなってきている。
そんな状況の中で、「IT翻訳者」という看板を掲げ続けていくために、今どんな差別化が可能なのか、また必要なのか。なるべく多くの実例を挙げながら、IT翻訳者が元気になれる方向性を考えてみたい。

【対 象】
○IT翻訳者(フリーランス・社内)、IT翻訳志望者
○IT分野の比重が高い翻訳会社の方

⇒本セミナーの講演は、DVDで受講できます
詳細 → 詳細はこちら
第1回
開催日 2010年5月13日 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:15 [希望者のみ]
テーマ 「金融分野日英翻訳 - 農林中金総合研究所の金融論文英訳、The Nikkei Weekly英文記事を日英翻訳に生かす」
講演者 佐藤 晶子(さとう・あきこ)氏
 金融翻訳者、JTF理事
冨永 信太郎(とみなが・しんたろう)氏
 異文化経営コンサルタント
概要 【概 要】
世界的な不景気の煽りを受け、金融分野の翻訳は特に受注減少の影響が大きいと言われている。
第一部では、農林中金総合研究所発行『経済金融ハンドブック‐金利の動きを読む』の中から、主事研究員 田口さつき氏の金融論文を課題とし、佐藤晶子氏が参加者とともに英訳を検討する。

第二部では、異文化経営コンサルタントである冨永信太郎氏が、The Nikkei Weeklyの英文記事を日英翻訳に有効に活用する方法を伝授する。また、同氏が日頃から実践している「翻訳を超えた」仕事を基に、内外出張で得た知見や情報を披露し、その醍醐味と楽しさを語る。

【対 象】
○金融翻訳者の方(フリーランス・社内)
○金融分野を取り扱う翻訳会社の方

⇒本研究会の講義内容をDVDで受講できます
詳細 → 詳細はこちら

Archive(年度別) 

ページトップへ