本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTFスポンサーサイト

なりた医学翻訳事務所 医学翻訳に特化した対訳文例と検索のソフト

⇒スポンサー広告「バナー広告」のお申込みはこちらから(PDF)

JTF翻訳セミナー(東京) JTF関西セミナー(大阪)

翻訳セミナー情報 JTF翻訳セミナー(東京) セミナー受講ご希望の皆様へ

JTF翻訳セミナー(東京)とは?

<セミナーの内容>
・翻訳ビジネスにおける「使える実務翻訳」のコツを現在実務翻訳業界で活躍中の経営者や現役翻訳者が講義します。
・翻訳ビジネスにおける効果的な品質管理の手法を現在実務翻訳業界で活躍中の経営者や品質管理担当者が講義します。
・翻訳ビジネスにおける経営環境の変化を分析し、今後のあるべき姿を提言します。
・翻訳品質と生産性を高めるため、どのように翻訳支援システムを活用すればよいかを提言します。
・クライアント(翻訳発注者)から見た、求められる翻訳会社・翻訳者の姿を提言します。

<セミナーで取り扱う分野>
医薬翻訳、工業技術翻訳、金融翻訳、特許翻訳、IT翻訳、映像翻訳、出版翻訳、法務翻訳など

<セミナー対象者>
翻訳者、翻訳者を目指す方、翻訳会社経営幹部、翻訳発注者、翻訳品質管理担当者など

本セミナーでは長い間「翻訳環境研究会」という名称を使用してきましたが、今年度より「JTF翻訳セミナー」という名称に変更することにいたしました。「翻訳セミナー」のほうが内容を直接的に表し、より一般的で、よりわかりやすい名称であると考えたからです。

名称が変更になっただけで、セミナーの基本方針や運営方法は従来と変わりはありません。
ただし、昨年度までは年間10回開催していましたが、それを年間6回の開催に変更いたします。その理由は、「JTF翻訳セミナー」の拡大版ともいえる「JTF翻訳祭」の規模を大きくし、そこでのセミナー数を増やしていきたいと考えているからです。

今後とも翻訳業界におけるホットな話題を題材に、幅広く皆様のお役に立てるセミナーを企画してまいりたいと思います。

これからも「JTF翻訳セミナー」にご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

JTF翻訳セミナー企画運営委員会

以前のJTF翻訳セミナーの活動報告はこちら

JTF翻訳セミナー DVDのご案内

参加料とお申し込み方法
参加料
会員区分 JTF会員 非会員
3,600円(税込) 5,100円(税込)
※消費税法改正に伴い、料金改定いたします。
 ⇒JTF翻訳セミナーのお申し込みはこちらから
【申込期限】各受講日の3営業日前18時まで(ただし、満席の場合は受け付けられませんので、事前に電話でご確認願います)

JTF翻訳セミナー(東京)スケジュール

第6回
→詳細
【受付中】 2019年3月7日(木) NMTみんなで使ってみた!
特許翻訳におけるNMT実用性の研究(通算第205回)
第5回
→詳細
【受付中】 2019年1月23日(水) 翻訳のカスタマーエデュケーションを考える(通算第204回)
第6 回 【受付中】
開催日 2019年3月7日(木) セミナー: 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
会場 「明治薬科大学 剛堂会館」
東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル1F
TEL:03-3234-7362
テーマ NMTみんなで使ってみた!
特許翻訳におけるNMT実用性の研究
講演者 近日公開予定
略歴 近日公開予定
概要

【概 要】
Googleによる日本語↔英語NMTエンジンの公開(2016年11月)は、その精度の飛躍的向上により翻訳業界のみならず広く一般社会にも一大センセーションを巻き起こし、爾来各方面においてその実用性をめぐって活発な議論がなされてきた。
産業翻訳の一ジャンルである特許翻訳においても、個人レベル、事務所レベル、企業レベルで検討がなされているが、その結果はほとんど外部には発表されておらず、特許翻訳におけるNMTの実用性や今後の展望についての情報共有は遅々として進んでいない。
非営利特定事業法人(NPO日本知的財産翻訳協会(NIPTA)では2017年10月に「特許機械翻訳研究会」をスタートさせ、NMT開発者のレクチュアなども含む隔月の検討会で特許文書翻訳におけるNMTの実用性について評価分析に基づく研究を行い、その成果を京都で開催された第28回JTF翻訳祭において発表した(2018.10.26)。2018年度第6回JTFセミナーは、それをアップデートした内容となる。

【講演のポイント】
◎ NIPTA特許機械翻訳研究会の性格
◎ 特許翻訳におけるNMTの実用性評価分析
  (機械工学、電気・電子工学、化学、バイオテクノロジー、法知財務実務)
◎ NMT誤訳のタイプと対策
◎ NMTを効果的に活用するための手法とアプリ
◎ NMTの今後の展望

【受講対象者】
◎特許翻訳者の方々
◎翻訳会社、特許事務所、特許出願人企業など、NMT特許翻訳に関心ある方

【定 員】
150名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:15〜19:30
会場:「藩麹町店」
懇親会会費:4,500円(税込)
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください(当日支払は不可)。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※セミナー終了後、スタッフが会場までご案内致します。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2019年3月4日(月)18時まで


予約 ⇒お申込みはこちら
第5 回 【受付中】
開催日 2019年1月23日(水) セミナー: 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
会場 「明治薬科大学 剛堂会館」
東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル1F
TEL:03-3234-7362
テーマ 翻訳のカスタマーエデュケーションを考える
講演者 遠藤 幸夫(エンドウ ユキオ)
ヤマハ株式会社 開発統括部マニュアル制作グループ リーダー


齊藤 貴昭(サイトウ タカアキ)
JTF理事/社内翻訳者/翻訳コーディネーター


成田 崇宏(ナリタ タカヒロ)
株式会社ホンヤク社 翻訳事業部 事業部長


平野 幸治(ヒラノ コウジ)
株式会社メディア総合研究所 翻訳事業部 MTグループ長

略歴

遠藤 幸夫(エンドウ ユキオ)
1988年ヤマハ(株)入社後、設計部門を経て1996年からマニュアル制作部門に配属。以来、電子楽器を中心にお客様向けの取扱説明書の制作を担当。日本語/英語のライティングを自ら行なうことで、翻訳を通じての原文レビューを実践。多言語ローカライズでは、CATツールの活用により言語拡大に伴うコスト増抑制に尽力。2014年からは、楽器・音響製品全般のマニュアル制作部門をマネジメント。その傍ら、2015年より日本テクニカルコミュニケーター協会マニュアルコンテスト実行委員長を務め、現在に至る。


齊藤 貴昭(サイトウ タカアキ)
某電子事務機メーカー入社後、製造から市場までの幅広い品質管理業務に長年従事。 5年間の米国赴任後、米国企業相手の品質関連交渉担当となる。交渉業務を行う中で自ら通訳・翻訳業務を担当するとともに社内翻訳者の管理・教育を数年経験。2007年末より現在のグループ会社で翻訳コーディネーターと社内翻訳者を担当。グループ会社から依頼される様々な翻訳案件の翻訳・発注・チェック・管理の業務を行っている。製造業で学んだ品質管理の考え方をベースに、翻訳品質保証体系を構築するのが現在の自己研究テーマである。


成田 崇宏(ナリタ タカヒロ)
2005年に株式会社ホンヤク社に入社。コーディネータやプロジェクトマネージャーとして制作業務を経験し、その後、ベンダーマネジメント、CAT/QAツール管理、業務管理システムやMTの導入などを担当。2015年より業務全般、2018年より事業全体の管理者として、実案件にも携わりながら品質や顧客満足度の向上に取り組んでいる。


平野 幸治(ヒラノ コウジ)
大学卒業後、外資 IT 企業にて翻訳会社とのドキュメント開発のコーディネーションを担当。1999年、IT系専門翻訳会社にて、MLV 系 / ソースクライアント系 PM として約10年修練を積む。2009年、現(株)メディア総合研究所にてローカライゼーション部門立ち上げに携わった後、2016年より機械翻訳プロジェクトに取り組んでいる。


概要

【概 要】

形がなく、また、変化し続ける翻訳サービスの提供において、翻訳会社が自社サービスの内容やメリット・デメリットを適切に顧客に説明することはいっそう重要になっている。顧客満足を追求することは翻訳会社の当然の責務だが、同時に、翻訳工程の詳細、できること/できないこと(理想と現実)の境界、あるいは、良い翻訳成果物を仕上げるために理解や協力してもらいたいことなどを顧客に伝え、翻訳のプロフェッショナルとして顧客を適切に導くことが、真の意味での顧客満足や両者の信頼関係構築につながると考えられる。本セミナーでは、顧客と翻訳会社間の意見交換を通じて、理想的な翻訳サービス提供のあり方や、良好な関係が長く続くために両者がどのようにあるべきかを追求する。


【講演のポイント】
◎顧客が翻訳サービスに期待する(しがちな)こと
◎顧客のドキュメント管理体制や運用方針
◎翻訳サービスの現実、品質/コスト/スピードのバランス
◎翻訳会社が勇気と矜持を持って顧客に伝えるべきもの
◎翻訳会社の社内体制やサービス提供方針のあり方
◎翻訳会社が下請けではなくパートナーになるためには
◎良い顧客を見つける・育てるためには
◎アンケート回答の集計結果発表


【受講対象者】
◎翻訳会社の営業、PM、コーディネータ
◎ソースクライアント(翻訳サービスや翻訳会社のことをもっと知りたい方)
◎翻訳者、チェッカー(翻訳会社と顧客との関係についてもっと知りたい方)


【定 員】
150名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:15〜19:30
会場:「藩麹町店」
懇親会会費:4,500円(税込)
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください(当日支払は不可)。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※セミナー終了後、スタッフが会場までご案内致します。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2019年1月21日(月)18時まで


予約 ⇒お申込みはこちら

JTFスポンサーサイト

なりた医学翻訳事務所 医学翻訳に特化した対訳文例と検索のソフト

⇒スポンサー広告「バナー広告」のお申込みはこちらから(PDF)