本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

JTFスポンサーサイト

知的財産専門の翻訳会社。プロフェッショナル特許翻訳者やそれを目指す方々を対象とした各種セミナー開催中

⇒スポンサー広告「バナー広告」のお申込みはこちらから(PDF)

JTF翻訳セミナー(東京) JTF関西セミナー(大阪)

翻訳セミナー情報 JTF翻訳セミナー(東京) セミナー受講ご希望の皆様へ

JTF翻訳セミナー(東京)とは?

<セミナーの内容>
・翻訳ビジネスにおける「使える実務翻訳」のコツを現在実務翻訳業界で活躍中の経営者や現役翻訳者が講義します。
・翻訳ビジネスにおける効果的な品質管理の手法を現在実務翻訳業界で活躍中の経営者や品質管理担当者が講義します。
・翻訳ビジネスにおける経営環境の変化を分析し、今後のあるべき姿を提言します。
・翻訳品質と生産性を高めるため、どのように翻訳支援システムを活用すればよいかを提言します。
・クライアント(翻訳発注者)から見た、求められる翻訳会社・翻訳者の姿を提言します。

<セミナーで取り扱う分野>
医薬翻訳、工業技術翻訳、金融翻訳、特許翻訳、IT翻訳、映像翻訳、出版翻訳、法務翻訳など

<セミナー対象者>
翻訳者、翻訳者を目指す方、翻訳会社経営幹部、翻訳発注者、翻訳品質管理担当者など

本セミナーでは長い間「翻訳環境研究会」という名称を使用してきましたが、今年度より「JTF翻訳セミナー」という名称に変更することにいたしました。「翻訳セミナー」のほうが内容を直接的に表し、より一般的で、よりわかりやすい名称であると考えたからです。

名称が変更になっただけで、セミナーの基本方針や運営方法は従来と変わりはありません。
ただし、昨年度までは年間10回開催していましたが、それを年間6回の開催に変更いたします。その理由は、「JTF翻訳セミナー」の拡大版ともいえる「JTF翻訳祭」の規模を大きくし、そこでのセミナー数を増やしていきたいと考えているからです。

今後とも翻訳業界におけるホットな話題を題材に、幅広く皆様のお役に立てるセミナーを企画してまいりたいと思います。

これからも「JTF翻訳セミナー」にご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

JTF翻訳セミナー企画運営委員会

以前のJTF翻訳セミナーの活動報告はこちら

JTF翻訳セミナー DVDのご案内

参加料とお申し込み方法
参加料
会員区分 JTF会員 非会員
3,600円(税込) 5,100円(税込)
※消費税法改正に伴い、料金改定いたします。
 ⇒JTF翻訳セミナーのお申し込みはこちらから
【申込期限】各受講日の3営業日前18時まで(ただし、満席の場合は受け付けられませんので、事前に電話でご確認願います)

JTF翻訳セミナー(東京)スケジュール

第1回
→詳細
【受付中】 2017年6月28日(水) 翻訳コーディネータの今と未来を考える 〜書を捨てよ、麹町に出よう〜(通算第194回)
第1 回 【受付中】
開催日 2017年6月28日(水) セミナー: 14:00 〜 16:40 懇親会: 17:15 〜 19:30 [希望者のみ]
会場 「明治薬科大学 剛堂会館」
東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル1F
TEL:03-3234-7362
テーマ 翻訳コーディネータの今と未来を考える 〜書を捨てよ、麹町に出よう〜
講演者 ●成田 崇宏(ナリタ タカヒロ)
株式会社ホンヤク社 PM/QC/VM/TEセンター 統括部長

●澤村 雅以(サワムラ マイ)
SDLジャパン株式会社 RVP PMO APAC

●田中 美智子(タナカ ミチコ)
株式会社 翻訳センター 工業・ローカライゼーション営業部 名古屋オフィス マネージャ

●千葉 容子(チバ ヨウコ)
株式会社 十印 プロダクション本部 マネージャー

略歴

●成田 崇宏(ナリタ タカヒロ) 株式会社ホンヤク社 PM/QC/VM/TEセンター 統括部長:
2005年に株式会社ホンヤク社に入社。コーディネータやプロジェクトマネージャーとして業務を経験し、その後、リソースのリクルーティング、ベンダーマネジメント、CAT/QAツール管理や業務管理システム導入などを担当。2015年より業務全般の管理者として、実案件にも携わりながら翻訳・制作対応力の向上やドキュメント管理・品質管理体制の強化に取り組んでいる。



●澤村 雅以(サワムラ マイ) SDLジャパン株式会社 RVP PMO APAC:
1997年ITPにDTP Operatorとして入社、2000年にSDLへ合併後 DTP ManagerからProject Managementへコンバートされる。Multi-Language Service Division Directorを経て現在はAPACのProject Management オフィスのRegionalディレクションに従事。目下の努力目標はAPACのビジネス文化と特殊性をわかりやすくGlobalチームに伝えられるようになること。好きな言葉「餅は餅屋」



●田中 美智子(タナカ ミチコ) 株式会社翻訳センター
工業・ローカライゼーション営業部 名古屋オフィス マネージャ:
2001年、大学在学中に株式会社翻訳センターにてコーディネータのアシスタントとして入社。大学卒業後、DTPオペレータとして1年半業務を経験した後、工業分野の翻訳コーディネータに転身。以降様々なプロジェクトを担当してきた。現在ではマネージャとして制作スタッフの管理・教育等に従事している。



●千葉 容子(チバ ヨウコ) 株式会社十印 プロダクション本部 マネージャー:
1997年にローカリゼーション業界に足を踏み入れ、20年にわたり外資系、国内系のLSPにてプロジェクト・マネージャーとして従事。2006年株式会社十印入社。2016年同社取締役兼プロダクション本部本部長就任。「関わる方すべてがお客さま」をモットーに、「言葉」を使うすべての人々に利益と幸せがもたらされるような世界にしたいとの野望を掲げ日々奮闘中。


概要

【概 要】

情報化、グローバル化、サービスのワンストップ化や多様化、価格下落化、スピード化など、翻訳会社を取り巻く環境が劇的に変化している中で、翻訳コーディネータ(プロジェクトマネージャーを含む)の仕事内容や要件、さらに社内業務体制も変化を余儀なくされている。加えて、昨今ではCATツールやQAツールはさることながら、CMS、TMS、機械翻訳などの技術進歩がすさまじく、このままでは近い将来に翻訳コーディネータはAIに取って代わられてしまうかもしれない。
本セミナーでは、実際に翻訳・ローカライズ・制作業務の現場担当者が集い、このかつてない変化の中で、翻訳コーディネータに現在および将来必要とされる能力、スキル、専門知識、マネジメント力、コミュニケーション能力などについて話し合うことで、コーディネータに未来はあるのか、また、長く活躍するコーディネータ像とはどのようなものかを会場全体で考えていきたい。


【講演のポイント】
◎「コーディネータ」の定義(各社における体制や仕事内容比較)
◎コーディネータに従来求められてきたもの
◎翻訳会社を取り巻く変化
◎コーディネータの仕事内容の変化
◎現在コーディネータを取り巻く問題
◎今後コーディネータに求められるものとは
◎機械に負けないコーディネータを育てるには

【受講対象者】
◎現役の翻訳コーディネータ、プロジェクトマネージャー、制作関係者の方
◎翻訳・ローカライズ、制作会社の管理職や経営者の方
◎コーディネータについて知りたい翻訳者・エンドクライアントの方

コーディネータ、PM、制作関係者の方大歓迎!

【定 員】
150名(先着順)

【懇親会のご案内】※希望者のみ
講義終了後に講師を交えて懇親会を開催します。講師および受講者間の交流の場としてご活用ください。
時間:17:15〜19:30
会場:「藩麹町店」
懇親会会費:4,500円(税込)
※懇親会会費はセミナー料金とあわせて事前振込ください(当日支払は不可)。
※懇親会のみのお申し込みは受付しておりません。
※セミナー終了後、スタッフが会場までご案内致します。
※一度お振込みいただいた参加料はいかなる理由でも返金できませんので、予めご了承ください。

【申込期限】
2017年6月23日(金)18時まで


予約 ⇒お申込みはこちら

JTFスポンサーサイト

知的財産専門の翻訳会社。プロフェッショナル特許翻訳者やそれを目指す方々を対象とした各種セミナー開催中

⇒スポンサー広告「バナー広告」のお申込みはこちらから(PDF)